So-net無料ブログ作成

墨田区の資源ごみのリサイクルへの疑問 第1話!委託業者丸投げの実態 古紙回収 [墨田区役所]

20130612-1.jpg[カメラ]墨田区の区内から回収された古紙の売却の部分の契約書の写しですが、この契約書を詳しく読んで見ますと区民の善意で集められた資源ごみが無責任な管理状態に置かれて居る事がわかります。

そこでこの契約書から見えて来る問題点を指摘致します。

[1]墨田区は古新聞等の古紙を業者に売却するに当たり、「売却した古紙が国内でリサイクルされる事」と言う条件を全く付しておりません。

これは、古紙が国内でリサイクルされる事無く海外に売却される事を黙認して居ると言っても過言ではありません。

この事は、古新聞等の古紙をリサイクルすると新聞等のインクや広告等の写真の写りを良くする為に使われて居る粘土が取除かれる為に産業廃棄物が出てしまいます。

これを嫌がる製紙工場は、資源をリサイクルするよりも輸入木材を購入して製品を作る方が品質も良く廃棄物が出にくくなりますので結果的に安くなる筈です。

古紙は結果的に国内では高い価格で買い取って貰えませんから、国内よりも高い価格で買う発展途上国へ輸出される可能性が高くなります。

発展途上国では、産業廃棄物に対する規制が無かったり非常に甘い為に廃棄物処理の費用が低く抑えられますし、人件費も安いので採算が取れてしまいます。

この問題は、「先進国のゴミを発展途上国へ押付けてはならない」とする国際条約であるバーゼル条約で規制されているのか外務省へ問い合わせてみますと、新聞紙などの古紙は非常に汚いものを除いて除外されて居るそうです。

そもそもバーゼル条約は、有害性や危険性のある廃棄物を規制するものである為に古紙は除外されておりますので、昨日の議会での私に質問に対する回答は全く無責任な対応です。

区長の答弁から墨田区は、資源ごみの発展途上国への輸出を黙認とも取れる内容ですから重大な問題ではないでしょうか。

古紙のリサイクルでは、古紙の中にノーカボン紙等が混入しておりますとこれには、PCB(ポリ塩化ビフェニール)と呼ばれる、生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすい物質が含まれております。

発展途上国の製紙工場で出される廃液が河川に流されますと、これは発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起します、

当然、流域の人や動物、魚等が病気になる恐れがあり、自然環境を破壊してしまいます。

つまり、毎年5億円の税金が投じられる墨田区のリサイクル事業ですが、本来のリサイクルは進まないばかりか、発展途上国の人や自然環境にかえって害をもたらしてしまう恐れがあるのです。

[2]つ目の問題点としては、資源ごみの収集を委託して居る業者と資源ごみの売却業者が同じである事です。

20130612-2.jpg[カメラ]これは、委託販売先が墨田区に提出する「引取完了届」ですが、区から聴取してところ台貫所での計量に区の職員は立ち会って居ないそうですから、委託業者の方で検査と立会いを行って居る事になります。

この様な委託業者に丸投げでいいのでしょうか。

これでは、区に支払われる資源の売却代金が正しいのか客観的に検証出来るのか疑問を感じるのは私だけでしょうか。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.145~0.138マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(28) 
共通テーマ:ニュース

nice! 28

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。