So-net無料ブログ作成
嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録 ブログトップ

カウントダウンが始まった第二次朝鮮戦争!核独裁者金正恩掃討作戦が始まった! [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20160113-1.jpg[カメラ]4回目の核実験を強行した北朝鮮はもはや放置出来ないと判断した米国は、米軍のB52戦略爆撃機の韓国に派遣したが、続いて来月には、原子力空母や原子力潜水艦を朝鮮半島沖に展開する事を決めました。(写真はB52戦略爆撃機を韓国に派遣した事を伝えるジャパンタイムズの記事)

米国がB52戦略爆撃機の韓国に派遣した公式な理由は、10日にハリス米太平洋軍司令官が述べた「米本土そして、同盟国の日本、韓国とを断固として守る。米国の意志が鉄壁であることを示す作戦だ」となります。

裏読みすれば、4回目の核実験を強行した北朝鮮は、米国は日米韓の連携で軍事的制裁を加える事を示唆するものです。

B52戦略爆撃機、原子力空母や原子力潜水艦を朝鮮半島沖に展開するとは、本格的な戦争の準備段階に入って居る事を意味します。

米国の逆鱗に核独裁者金正恩は触れてしまいました。

その背景には、4回目の核実験は水素爆弾では無く実際には、威力は小さいものの殺傷能力の極めて高い中性子爆弾を爆発させた可能性があり、この事は恐らく米スパイ衛星は中性子線を計測している可能性があります。

中性子爆弾に使われる中性子は非常に貫通力が強く、建物等を破壊せずに、大量の人や動物等を殺傷してしまいますので、計画的に爆発させれば人だけを殺してから建物や設備をそのまま利用が可能になります。

つまり、北朝鮮の独裁者金正恩は中性子爆弾を製造し中東の紛争地帯に輸出して莫大な収入を得ようとしているのです。

その理由は、数年前までは北朝鮮内では餓死者や孤児がごみ箱を漁る状態がビデオに撮られニュースに報道されましたが、国際的な経済制裁下にあるにも係らず最近はこうしたニュースに報じられて居ません。

恐らく3度目の核実験以降、中東の巨大なオイルマネーを持つ国が紛争を解決する為に北朝鮮から核兵器や核開発技術を提供して貰う代わりに莫大な資金を北朝鮮に供与した可能性があります。

これにより、かつては支那から食糧や経済的な支援を受けて居ましたが、核開発に関連して莫大な資金が流入した結果、支那から大量の物資を購入した可能性があり、貿易量も増大したと言われて居ます。

これに危機感を募らせたのが米国で、中東に核が持込まれますと石油メジャーが大打撃を受けますし、テロ組織に渡れば密かに米国に持ち込まれ、ニューヨークの金融街等に中性子爆弾が爆発しますと世界経済に大きな影響を与えます。

米国はこうなる前に北朝鮮に戦争を仕掛ける筈ですし、実際に戦争をさせられるのは韓国で、韓国は独裁者金正恩掃討作戦に駆り出される事が予想されます。

米国は韓国軍を直接指揮命令出来ると言われ、それは李承晩時代に韓国軍の指揮命令は米軍が行うことを約束して居るらしいのです。

昨年12月の末に、日韓外相会談が急遽行われ「慰安婦問題」を米国の圧力で解決させた背景には、今年には第二次朝鮮戦争を勃発させ核独裁者金正恩掃討作戦を行わす為には日韓関係が冷え込んで居ると都合が悪いからです。

つまり、韓国軍に武器や弾薬を日本の自衛隊が供与する必要が生じた場合、日本の世論が反日国家韓国を何故支援しなければならないのか、税金を外国の為に使うのはおかしいと言う世論が高まる事が予想されます。

日本の国会でこれに必要な法案が可決されませんと、米国の考える日米韓の連携が崩れてしまいますから、韓国軍は窮地に立たされ、多大な犠牲を出す結果になります。

しかし、韓国や北朝鮮がどうなろうと日本には余り関係の無い事ですが、北朝鮮の金正恩を掃討出来ないと再び世界は核攻撃の標的にされる恐れがあります。

独裁者に支配され言いなりになるだけの北朝鮮の人民を全て敵に回す必要はございませんから、攻撃は独裁者金正恩だけをターゲットにした、ピンポイント攻撃が繰り返され、最後は特殊部隊が制圧するものと思われます。

北朝鮮に支那が加勢する可能性は極めて低く、仮に参戦すれは南シナ海周辺諸国やインドまでもが立ち上がり戦争になる可能性があります。

支那は莫大な軍事予算で世界第二位の軍事予算を持って居ても、先端兵器の性能が違いますので特に艦船や潜水艦は徹底的に攻撃され先ず制海権を失い次に制空権を失うのも時間の問題だと思われます。

今年は大きな波乱の多い年になりそうですね。


nice!(17) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮の水爆実験に見る騒乱の時代の幕開け!テロ組織が水爆を持つ恐ろしい時代へ [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20160107-1.jpg[カメラ]ニューヨークタイムズの第1面で取上げられた北朝鮮の水爆実験のニュースはアメリカをも震撼とさせました。

これもまでアメリカは資源の無い北朝鮮よりも中東の石油の方が儲かるので米軍事力主力は中東に向けられて居ました。

しかし、北朝鮮の水爆実験の成功で実は脅威を感じて居るのがアメリカです。

北朝鮮は独裁国家ですから独裁者の判断で核兵器をテロリストに密かに売却されれば密かに米国に持ち込まれ大規模なテロ攻撃を受ける可能性があるからです。

一部の報道では北朝鮮の水爆実験は規模から単なる核実験レベルではないかと言う報道がされて居ますが、それは楽観過ぎる認識で、核実験が成功して居れば核融合が可能を意味し理論的に水素爆弾は作れても不思議ではありません。

米国は巨額の財政赤字を抱える為に軍事的なミッションはしないのではないかと言う楽観的な見方もある様ですが、米国民の10分の1は何らかの形で軍事産業に従事して居ると言われて居ます。

つまり、戦争が始まると景気が良くなる訳で、その軍事資金も国際金融資金から公債を発行する事で何時でも調達が可能なのです。

国際金融資は戦争を利用した投機をこれまでに再三に亘り行って来ましたし、実は戦争こそが巨大な利益を産出すチャンスなのです。

今では国家間の戦争は無くなりましたが、地域紛争やテロが絶えないのは、そこに投機のチャンスがあり巨大な利益を産出す源泉になるからです。

911のテロでは、ニューヨークのマンハッタンの一等地に建つ世界貿易センタービルがテロ攻撃を受け建物が粉々に破壊されました。

裏読みしてマンハッタンの一等地をテロと言う名目で更地(グラウンド・ゼロ)にして、再び高さ約541m、延べ床面積約24万m²の巨大な超高層ビル1 ワールドトレードセンターを建設され誰が一番儲かったのか考えるべきです。

次に国際金融資本が狙うのは安い製品を世界中に輸出して大儲けしたアジア諸国に蓄えられた資金を吐き出させる為に、アジアで紛争を起こし、消耗させ膨大な支出をさせる事を考えて居る可能性があります。

国際金融資本にとって水爆実験を行った北朝鮮を放置すれば自分達が危うくなるので、金正恩政権を崩壊させる為のミッションが行われる可能性は大きいと思われます。

その理由は、放置すれば時間の問題で誰も独裁者金正恩をコントロール出来ず、何らかの形で核攻撃へと発展する可能性があるからです。


nice!(20) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮水爆実験成功で米国の軍事ミッションが始まる!朝鮮半島で第二次朝鮮戦争へ! [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20160106-1.jpg[カメラ]6日午前10時30分に北朝鮮は初の水素爆弾実験を成功させた様です。

この成功は北朝鮮がアメリカを核攻撃出来るぞと言って居る様なものですので、今回はアメリカの逆鱗に触れたと思われ、米軍は北朝鮮の金政権を打倒する為に動き出すと思われます。

特に米大統領選挙で共和党が国民の支持が得られますと、北朝鮮に対して軍事的なミッションが始まる事が予想されます。

先月急遽行われた日韓外相会談で慰安婦問題を強引に解決を迫ったのは米国で米国が急いがせた背景には北朝鮮の核開発と核実験が行われる事を諜報機関が掴んで居たからではないでしょうか。

北朝鮮水爆実験成功で米国の軍事ミッションが始まる事が予想され、米国は金正恩政権を打倒する為にピンポイント攻撃を仕掛け、その後北朝鮮の軍事施設を爆撃するものと思われます。

その後韓国軍を動員して地上から掃討作戦が行われると言う流れになりそうです。

こうなった場合、日韓関係が最悪では日本政府が韓国軍に弾薬や食糧等の援助をしようとしますと日本国内の民意がこれを許さない可能性があるので、日韓関係を改善させようとしたと見られます。

しかし、ここで支那とロシアがどの様な動きに出るかを予想する必要があります。

北朝鮮は事実上孤立して居る為に、支那とロシアは北朝鮮を積極的に支援するとは思われませんが、状況を見極めながらチャンスがあれば参戦して来る可能性は否めません。

これまでの米国の動きを見ますと独裁国家は軍事的なミッションで崩壊させられて居ますから、同様の結果を招くと思われます。


nice!(16) 
共通テーマ:ニュース
嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。