So-net無料ブログ作成
検索選択
大東亜戦争特集ぺリリュー島 ブログトップ
前の10件 | -

天皇皇后両陛下のパラオ国大東亜戦争の激戦地ペリリュー島御訪問! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20150409-1.jpg[カメラ]ロックアイランドにある風光明媚な御木本ビーチこの海岸の直ぐ側には今でも数機のゼロ戦が沈んで居ます。

20150409-2.jpg[カメラ]飛行機をチャーターして上空からロックアイランドを見ますとこの様な不思議な美しい光景が見られます。

これは地殻の変動で隆起してサンゴ礁の島が出来それが長い時間浸食されてこの様な形になったそうです。

20150408-4.jpg[カメラ]大東亜戦争の激戦地ペリリュー島にある水戸第二連隊の千秋大隊の要塞の跡で激しい戦闘があった事を物語る鉄板に銃弾の跡が見られます。

20150409-3.jpg[カメラ]大山付近ある海軍の速射砲が隆起サンゴ礁の島に多く見られる鍾乳洞等を巧みに利用して作られた戦闘壕は米軍の85万発に及ぶ激しい艦砲射撃に耐え上陸して来た米軍を迎え討ちました。

20150409-4.jpg[カメラ]朽ち果てた九〇式野砲の先には海面が黒くなる程浮かぶ米軍の艦船が見えたと思われます。

20150409-6.jpg[カメラ]洞窟の奥に作られた巨大な格納庫がありトロッコの車輪や大砲の弾薬を運んだ荷車がありました。

写真は10年数年ほど前に遺骨収集でペリリュー島を訪問しましたが、熱帯のジャングルは熱く鬱蒼と茂る樹木を鉈で切ながら道なき道を進む過酷なもので2から3時で全身が汗でずぶ濡れになってしまった記憶があります。

このペリリュー島は亡霊が出る事でも知られる場所でこの話は脚本家の下飯坂菊馬先生に始めて聞いたのですが、当時はまさかここへ来るとは思いませんでした。

実は私は霊感が強い方ですから、私もここで亡霊に出会いました。

遺骨収集で当時戦闘壕だった洞窟に入った時に全体が土砂で埋まって居て何も無さそうだと言う事でそこを出ようとした時に私を呼び止める声が聞こえたのです。

普通は声耳から聞こえるものですがこの時は私の胸に直接呼び止める声がしました。

私は何故か近くに居たメンバーにここを掘って欲しいと必死で頼み、そこまで言うならと5~6人で掘って見ると私の居た場所からは手榴弾で自爆した方の遺骨が出て来て合計5体の遺骨を収集しました。

この時にはっきりと魂と言うか霊魂の存在を体験しましたし、英霊の皆様をお迎えに来たのですから嬉しい気持ちで一杯でした。

宿に帰ると英霊の遺骨をお供えして収集したメンバーとお酒を飲んで語り明かしました。

天皇皇后両陛下が激戦地ペリリュー島御訪問された事はここに眠る英霊の皆さんがどれ程喜ばれておられるでしょうか。

第14師団歩兵第2連隊の中川州男連隊長は玉砕を禁じ最後の最後まで戦い敵に少しでも打撃を与える事を指示し、多くの将兵は洞窟に立てこもりゲリラ戦を続け米軍を困らせました。

この戦いを米第7海兵師団ニミッツ提督は「諸国から訪れる旅人たちよ この島を守るために日本国人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い そして玉砕したかを伝えられよ」と著書に残して居ます。

この戦術が戦後ベトナム戦争等で活かされ膨大な物量作戦でも屈しない不屈の精神が米軍を撤退させています。

ペリリュー島の戦いに参加して生還された山口少尉のお話では、食料の貯蔵庫が最初に攻撃され補給が来ない中で飲まず食わずの状態で戦いを続け本土からの援軍が来る事を願い続けたそうです。

また、終戦を知らず終戦後も米軍のキャンプの食糧貯蔵庫に侵入し食糧を奪う等をしながら戦いを続けました。

生還した34名が祖国日本に帰って目にしたものは、日本の女性が宿敵だった米兵と腕を組んで歩いて居る姿を見て「何の為に我々は厳しい戦をして来たのだろう」かと怒りを感じた言っておられました。

彼らが戦った最大の理由はこの島の当時東洋一と言われた飛行場を守る事が日本の本土空襲を食い止め親や家族、多くの国民を守る為に戦われたからです。

本土空襲では近くのサイパン島から離陸したB29が東京大空襲を行って居ます。

20150409-5.jpg[カメラ]彼らの証言を裏付ける様にジャングルの中に墜落した米軍のB29爆撃機の巨大なエンジン機体は大きく今の中型ジェット機並みの大きさがあり、かなり雑な作りでした。

20150409-7.jpg[カメラ]遺骨収集の作業終了後にはペリリュー神社で戦争で亡くなられた英霊に対して感謝を込めて慰霊させていただきました。

この宮司さんから7日に連絡がありこれから慰霊の為に再びパラオに行き、今日ペリリュー神社で天皇皇后両陛下がいらっしゃっている事をご報告し慰霊を行うそうです。

私もこの遺骨収集で英霊から不屈の精神を学びました。


nice!(41) 
共通テーマ:ニュース

祝!天皇皇后両陛下のパラオ国御訪問!戦争によって亡くなられた人々を慰霊! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20150408-3.jpg[カメラ]戦後70年に当たり、戦争によって亡くなられた人々を慰霊し、平和を祈念するため、また、我が国とパラオ国との友好親善関係に鑑み、天皇皇后両陛下は同国を御訪問される為に8日東京を御出発されパラオ国際空港のあるバベルダオブ島へ御着され同国の中心であるコロール島御着されるそうです。

写真は10年ほど前に私が撮影したコロール島のNikko Bay(日航湾)の景色で、大自然が作り出した美しい光景が見られますが、自然が作り出した洞窟には日本の統治領であった事を物語る砲台等が多数残って居ます。

20150408-5.jpg[カメラ]パラオ国際空港のあるバベルダオブ島に残る日本の戦車と高射機関砲ですが、戦車の砲塔は吹き飛び鋼鉄の装甲も割れており激しい戦闘があった事を今も伝えて居ます。

20150408-6.jpg[カメラ]パラオは第一次世界大戦の戦後処理をするパリ講和会議で、ドイツの植民地支配を脱し日本の委任統治領になり、今も当時日本の南洋庁があった建物がパラオの最高裁判所として使われて居ます。

20150408-7.jpg[カメラ]現在ではパラオの産業は観光、漁業、農業が主ですが政府の歳入の殆どがアメリカからの無償援助ですが最近増えて居るのが日本の民間企業の投資で作られたがご覧のパラオ・パシフィック・リゾートです。

パラオは大変な親日国家ですし、お年寄りの中には日本語が話せる方も多く、大東亜戦争当時は日本が戦争に負けるとは思わなかったと言っておられる方もいらっしゃいました。

それ程日本の委任統治領時代は繁栄して居たそうでコロール島は日本海軍の軍港があり日本の企業の商船や軍艦等が来て賑わったそうです。

天皇皇后両陛下のパラオ国御訪問でパラオの皆さんはさぞ喜ばれる事と思いますし、明日ご訪問されるペリリュー島では戦死された1万余名の英霊の皆様がどんなに喜ばれる事でしょう。


nice!(20) 
共通テーマ:ニュース

安倍総理の靖国参拝が実現!ネットで炎上春香クリスティーンのヒトラーの墓と同列発言 [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20131226-1.jpg[カメラ]26日午前11時半に安倍総理が靖国神社を参拝された事を喜んた皆さんが多かったのではないでしょうか。

写真は今年の8月15日の午前中の靖国神社の参拝者の姿ですが、私は毎年参拝しておりますが参拝者の数は年々増え特に若い人達の数が増えた事に我が国も戦後の自虐史観から脱皮し始めた事を感じざるを得ません。

20131226-2.jpg[カメラ]写真は南太平洋の激戦地アンガウル島の激戦の場所に建てられたアンガウル神社で、熱帯のジャングルの草木に覆われた神殿の草を掃い私達は慰霊を行いました。

ここでは、栃木宇都宮出身の人達が多編成された歩兵第五九連隊約1,200名が守備していましたが、戦艦テネシーにからの激しい艦砲射撃の後には米陸軍第八一師団)が約21,000人が上陸し激戦の末玉砕し生還者は50名でした。

やはり国難に殉じた英霊を敬うのは何処の国でも同じですし、東京裁判で戦勝国の論理で一方的に線引きされた戦犯と言う概念も冷静に考えれば国を守る為に一生懸命戦った方が勝てば英雄、負ければ戦犯となるので同じではないでしょうか。

それにしても昼の情報番組ミヤネ屋でタレントの春香クリスティーンが靖国神社をヒトラーの墓と同列発言して国民の怒りを買い、ネットで大炎上しています。

この発言は、国難に殉じた英霊とその遺族はもちろん日本国民に対する大変な侮辱です。

また、私達国民を守る為に厳しい訓練に耐えいざとなれば命を惜しまずに任務に当たらなければならない自衛隊の人達をも貶める恐れがあります。

ミヤネ屋の番組製作者達が、日本の国民を対象に情報発信しているのに、支那や韓国よりの歴史観で番組を構成したり、反日タレントを起用する事に私達日本国民はNOを突きつける必要があるのではないでしょうか。

大東亜戦争に於ける日本の功績は大きく、欧米列強の植民地支配に身を挺して戦い植民地支配を受けて居たアジア諸国を独立へと導いた事を学ぶべきです。

こうした歴史的な事実は、戦後のGHQの統制下で教える事は許されない時代が長く続き、当時の吉田内閣ではこうした問題を先送りにして経済を優先した為に、誤った歴史観が放置されて来ました。

戦後60年を過ぎて欧米の当時の機密資料が情報公開されておりますが、あの戦争が欧米の諜報機関による仕組まれた戦争だった事を知る必要がございます。

最近でもイラク戦争を見ても大量破壊兵器が出て来なかった事を見ればわかります。

マスコミの放送の裏にも、情報戦に於ける対日工作があると考える必要がございます。

諜報機関が狙うのはやはりメディアで、取材を理由に政府や先端技術にに近付いたり、出来ますし媒体を通じて発信する事が出来ますから利用価値が高いのです。

既にNHKの中に中国中央電視台(CCTV)が入っており、NHKの番組が反日化しているのを見ればわかります。

日本の民放や芸能界も韓国系が幅を利かせたり、タレントが反日コメントをするのも対日工作の可能性も視野に入れる必要がございますし、国民がこうしたプロパガンダに乗せられない為には疑って見聞きするしかありません。

やはりネットの力も大きく、こうした問題を暴露されたりしていますので、媒体の少なかった時代と比べてマルチメディアは大衆をコントロールする事は困難になりつっあります。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.140~0.136マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(29) 
共通テーマ:ニュース

年々増え続ける8月15日の靖国神社参拝!国難に殉じた英霊の御霊に感謝する若者! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20130815-1.jpg[カメラ]今から12年前に南洋諸島へ遺骨収集に参加してから毎年8月15日には靖国神社に参拝しておりますが、私の感想では今年は例年に無い参拝者の多さに驚きました。

以前はご年配の方々が多かったのですが、5年位前から圧倒的に若者が増えた事に国難に殉じられた英霊の御霊もたいそう喜んでおられるのではないでしうょうか。

神社の境内に長い参拝者の行列が出来ており、午前中の比較的早い時間に行ったのに拝殿にたどり着くまで50分もかかりました。

20130815-2.jpg[カメラ]参拝を終えて靖国神社の門を出るとご覧の通りの長蛇の列が出来て居て更に驚きました。

私達の現在の繁栄は国難に殉じた英霊の皆さんの命無くしては語れませんし、欧米列強の植民地支配を受ける事無く近隣アジア諸国の植民地支配から解放し独立に導いた功績も忘れてはなりません。

また、日本の優れた技術力もこうした状況下で育まれた事も知って欲しいと願います。

戦後のGHQによる占領政策で私達日本人は誇りや自信を失ってしまいましたが、日本人の素晴らしさは失って居ません。

2枚目の写真をご覧ください。

これだけ多くの皆さんがきちんと列を作り参拝が済むまで1時間以上かかると思いますが、じっと並んで待つ事が出来る忍耐強さ、お互いを思いやる気持やモラルがなければこうした列は生まれません。

更に、国難に殉じた英霊の御霊に感謝の祈りを捧げる報恩の心を持って居ます。

日本人て何て素晴らしいのでしょうか!

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.161~0.155マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(37) 
共通テーマ:ニュース

長崎の原爆投下から68年目8月9日!核爆弾の実験場に利用されたとしか思えない長崎! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20130809-1.jpg[カメラ]昭和20年8月9日午前11時02分に原爆が長崎に投下され、当時の長崎市の人口推定24万人のうち約14万9千人が亡くなる大量殺戮兵器が使われてからもう68年になります。

長崎の原爆と言うと何故か写真の平和記念像を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

20130809-2.jpg[カメラ]実際に原爆が投下された場所はこの円の中心の上空530メートル付近で爆発し爆心地の真下にあった浦上天主堂を直撃しています。

長崎と言えば天草四朗で知られるキリスト教徒が弾圧された事は知られて居ますが、同じキリスト教徒の多いアメリカ人が何故教会である浦上天主堂に原爆を落としたのでしょうか。

当時の状況では有視界で原爆を投下したそうですし、戦闘機の迎撃や対空砲火もなしと言う投下には申し分の無い状況であった事を考えますと、単なる誤爆とは考え難い気が致します。

長崎の原爆投下は、広島のウラン型原爆と違うプルトニウム原爆が使われて居る事を考えますと、核爆弾の実験場に利用されたとしか思えないと考えるのは誰でも同じだと思います。

アメリカでは戦争を早く終わらせる為に原爆を使ったと言うプロパガンダ教育がなされておりますが、実際には制空権を奪われてしまい組織的な反撃の手段を持たない戦争末期の長崎を核爆弾の実験場に利用したと考えられます。

20130809-3.jpg[カメラ]今残されて居るのは浦上天主堂の柱がたった1本残されて居るだけです。

広島では、原爆ドームが当時のままの姿で残されて居るのに、保存を求める声が多いのに長崎では取り壊されてしまいました。

その背景にはアメリカ側の対日工作があったと言い話もある様です。

大量殺戮兵器の恐ろしさを戦争の知らない世代にきちんと伝えて行く事は非常に重要ですし、我が国は核兵器を保有する国々に囲まれて居る事を忘れてはなりません。

[ひらめき]
墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.165~0.158マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(23) 
共通テーマ:ニュース

支那や韓国の靖国神社参拝批判に屈しない毅然たる政府の対応を! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20130425-1.jpg[カメラ]4月23日の春季例大祭に衆参合計168議員が靖国神社へ集団参拝した事で中国韓国が反発している様です。(写真:平成24年8月15日撮影

しかし、韓国の日本大使館前で行われた抗議行動の参加者は僅か150名程度だと一部のメディアが報じて居る事を鑑みますとそんなに騒ぐ程の問題では無いのではないでしょうか。

マスコミの報道の偏向報道は、抗議活動の全景を写さず安部首相役の男に槍や鍬で叩いたり人形を燃やす過激な行動だけが映し出されるのは何故でしょうか。

国内の新聞報道も「大局を見誤った」等の論調が目立つのは何故だろうか、24日の参院予算委員会で安倍晋三首相は中国や韓国が反発していることに関し「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由は確保している。当然だろう」と述べています。

20130425-2.jpg[カメラ]これは南洋諸島の激戦地で私が撮影したものですが、日本の守備隊の戦闘壕前には大量の砲弾が撃ち込まれた事を示すもので、これは艦船からの艦砲射撃による砲弾でしかも不発弾でした。

不発弾である事は上の写真の砲弾の先頭に信管が付いて居る事や胴体部分に2ヶ所真鍮の帯がありますが、艦砲から発射された際に砲身の中に螺旋が付いて居るので、この螺旋が砲弾の帯の部分に付いて居るから分かります。

ここでは小さな島に85万発もの艦砲射撃が行われたそうですから言うまでも無く激戦地ですし、補給が絶たれた為に弾薬も水も食料も無い過酷な状況でしたが米軍に大きな打撃を与えました。

20130425-3.jpg[カメラ]毎年米海兵隊による慰霊式典が行われ、彼らも前には米軍のブラスバンド演奏で米国歌が歌われ神父さんが慰霊の祈りを捧げています。

国や人種が変わろうと国難に殉じた英霊への勇気を讃え感謝の祈りを捧げる事は人類共通の概念ではないでしょうか。

支那や韓国が靖国参拝を批判するのは、日本人が勇敢さや勇気と言う日本人らしさを取り戻すのが怖いからではないでしょうか。

戦争の歴史を見ると日本人は戦争上手だった事が伺われますが、最終的には国土に資源が無い事が致命的でした。

ここから戦争は物量の時代へと変わり大量殺戮へ進み、今ではハイテク兵器時代になりピンポイントで攻撃する戦争へと変わって居る様に思います。

それにしても支那や韓国の動きを見て居ますと、何度謝罪しても無駄となり善意が仇となって返される事を我々は学びましたので、近づかない、相手にしない、利用しないと言う言葉が暴力団対策等で使われますが、これを参考にすべきかも知れません。

それにしても、「敵の牙城が全て火の海になる」と言って居た北朝鮮はミサイルを撃ちませんね。

本当に戦争になる時は、意外に予告なくミサイルを撃ち込む方が効果がありますので思いがけない時に行われるものです。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.154~0.148マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(18) 
共通テーマ:ニュース

67年目の原爆の日!特殊相対性理論から生まれた原子爆弾の原理と威力の仕組み! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20120806-1.jpg[カメラ]今から67年前の8月6日午前8時15分テニアン島を飛び立ったB29エノラ・ゲイに搭載されたパンプキンと呼ばれる原子爆弾が写真の原爆ドーム上空で爆発し広島は壊滅しました。

この爆心地から600メートルでは2,000度の高温に達しここに居た人は即死、半径1キロ圏内の人は度の重い熱傷で皮膚が炭化又は皮膚が垂れ下がり90パーセントの方が一週間以内に死亡しています。

更に、爆心地から5キロ以内に居た人は放射能を浴びた事により即死又は1ヶ月以内に死亡したとされ最終的には10万から16万人が死亡しています。

原爆の爆発力のすさまじさは、爆発により付近は350万パスカルの圧力により真空状態になり地中に埋設された土管が吸い上げられて地上に飛出し、その後大気の圧力で付近の水や物が空高く吸い上げられ黒い雨となって降って来ました。

この黒い雨には、ストロンチウム92やセシウム137が大量に含まれており、これを浴びた人達は被爆し白血病や癌を発症しています。

こんなに恐ろしい兵器が何故作られたかは、子供の頃に読んだ本にありました「マンハッタン計画(Manhattan Project)」でこれは、ドイツが核兵器を使う事を恐れた亡命ユダヤ人科学者らが当時のルーズベルト大統領に信書を送った事がアメリカの核開発の切っ掛けになった様です。

アインシュタインの特殊相対性理論が示す「エネルギー=質量×光速の二乗(E=mc²)」計算式によって質量がエネルギーに変換されると言う理論が応用されました。

広島の原爆の場合約50キロのウラン235が使われたとされ、そのうち核分裂したと思われる1キログラム分のウラン235が核分裂によって0.68グラムの質量の欠損が生じますから、その欠損分がエネルギーに変換された事になります。

爆発により放出されたエネルギーは約63兆ジュール(62.8 TJ [テラジュール]、6.28×[J])となり、そのエネルギーは数十万気圧に達しこれが爆風となり、熱エネルギーは5.3兆カロリーに達し、更に莫大な量の放射線を発生させました。

マンハッタン計画では、ロバート・オッペンハイマー博士らが科学技術を駆使して原子爆弾の開発が行われ1946年7月16日には世界初の原爆実験が行われ、翌月の8月6日に広島、9日に長崎に原爆が投下されています。

広島長崎は原爆実験代わりに利用されたと言っても過言ではありませんが、この時には戦争そのものが科学技術の戦いに変わると共に、都市そのものを破壊する無差別大量殺戮に変わっていた事がわかります。

将来も平和を維持する為には、外交が上手くならなければなりませんし、外交交渉にはその裏付けとなる情報収集力や化学技術、国際競争力や経済力を常にバランス良く保つ事が大切ではないでしょうか。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.159~0.153マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(37) 
共通テーマ:ニュース

都営バスに国旗の筈が国辱旗?今日は終戦記念日!国難に殉じた英霊の御霊に感謝を! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20110815-1.jpg[カメラ]十数年前南洋諸島に遺骨の収集に行って以来毎年終戦記念日には国難に殉じた英霊の御霊に感謝と慰霊をこめて参拝していますが、最近変化が起きている事に気づきました。

十数年前は参拝する人はご老人や右翼団体が多く異様な感じでしたが、小泉総理大臣時代の連続参拝当事は、参拝者が増えたものの、中国外国人と右翼団体がトラブルになる事件がありまた。

こうしたトラブルの状況の一部を見ていましたが、実は韓国のテレビ局が、旭日旗の付いた旗棹を在日韓国人に振り回させてやらせの映像を撮っていました。

これを見つけた私はビデオカメラ撮影しながら、韓国のテレビ局がやらせの撮影を取っているぞと言うと付近の人達も一緒になって抗議したのですぐに止めました。

その後韓国の諜報機関みたいな人が数人、あなたほどこのメデアですかと聞いて来ましたので、逆にあなたは何処の諜報機関の人ですかと聞くと姿を消してしまいました。

そもそも、日本の人達が靖国に参拝するのに旭日旗の付いた旗棹を振り回す事などしません。

どう言う訳かわかりませが、民主党が政権を取ってから警備が厳しくなり、右翼の街宣車が付近に来られない様に交通規制が異常に厳しくなったと感じます。

その一方では、かっては高齢者が多かったのですがかなりヘリ、その反面若者が多くなっているのには驚きました。

数年前まで、若者は殆ど関心がないのかと危惧していましたが、尖閣問題や竹島の問題など現在の日本政府の事なかれ主義にもどかしさを感じている事も背景にある様です。

それにしても、参拝者の多さには驚きました。

こうした若者が国難に殉じた英霊の実情を正確に把握しているとは思えませんが、国難に殉じ今日の日本の繁栄の礎となった御霊に感謝する気持ちを持って貰える事は嬉しいことです。

20110815-2.jpg[カメラ]帰りに見かけた都営バスには呆れました本来は日本の国旗を掲げるべきなのに何だこれは!得たいの知れない旗が付いており、これは日本国民を馬鹿にした行為ではないでしょうか。

早速東京都交通局へ理由を尋ねると8月1日が都営交通100周年だと言うが、今日は終戦記念日なのにこんな旗を付けて走るとは不謹慎だと思います。

こんな事をするのは、東京都の役人の思い上がりではないでしょうか、いずれにしても国旗を汚す行為は世界中多くの国で厳罰に処せられる行為です。

是非とも皆さん抗議して欲しいと思います!

東京都交通局 電話03-3616-5700です。

[ひらめき]墨田区内の墨田オンブズマンの線量計の値:0.185~0.173μGy/h(マイクロシーベルト/時)(午後7時から8時の線量計の変動幅)

[ひらめき]本日の都内の放射線量

線量率(dose rate)μGy/h(1グレイは1シーベルトに換算できます )

最大値
(max)
最小値
(min)
平均値
(average)

0.06140.05320.0570

※東京電力福島第一原子力発電所の事故以前の測定値は、1時間あたり0.028~0.079マイクロシーベルトで推移しています。

 


nice!(19) 
共通テーマ:ニュース

あす終戦記念日!大東亜戦争は何故始まったのか、歴史を学ぶ事が戦争を起こさないコツ! [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20110814-1.jpg[カメラ]天然の洞窟を利用して作られた壕の中で米軍の艦砲射撃に耐え迫り来る米軍を迎え撃った速射砲が今も当事の様子を伝えて居ます。

この付近は激戦が行なわれここの守備隊は全員死亡してしまいました。

20110814-2.jpg[カメラ]上陸して来る敵を迎え撃った日本軍の千秋大隊の要塞、鋼鉄の鉄板に銃弾の跡がめり込み激しい戦闘があった事が覗われ、付近には大量の砲弾が撃ち込まれた為に砲弾の破片や不発弾が無数に見られます。

20110814-3.jpg[カメラ]熱帯のジャングルの中には今の中型ジェット機並みの巨大なB29が日本軍の攻撃で撃墜されていて4機あるエンジンの一つですが巨大な大きさです。

これが、大量の爆弾や焼夷弾を積んで本土を空襲ししまいには原爆を投下するのに使われ、非武装の民間人が多くの犠牲になりました。

本土空襲を防ぐ為に南洋諸島の守備隊は、物資や弾薬の補給が無いまま死守して守りましたが、圧倒的な物量と兵員で迫る米軍には抗しきれず次々に防衛拠点を失いました。

占領されたグアムサイパンの基地がB29の基地として使われ、終戦まで本土爆撃が頻繁に行なわれる事になります。

しかしながら、当事の世界情勢は欧米列強が植民地支配を拡大していた状況考えますと本当に戦争をしないで済む方法があったのかも疑問で、戦争しない代わりに植民地となって居た可能性もあります。

戦勝国の論理で日本は悪者にされて居ますが、日本が欧米列強の植民地支配に対抗して熾烈な戦いをした結果、現在のアジア諸国の独立や主権の確立に大きく貢献した事が評価されていません。

半世紀以上経った今こそ、戦勝国の論理を抜きにした歴史認識の見直しが必用な時期ではないでしょうか。

[ひらめき]墨田区内の墨田オンブズマンの線量計の値:0.175~0.167μGy/h(マイクロシーベルト/時)(午後7時から8時の線量計の変動幅)

[ひらめき]本日の都内の放射線量

線量率(dose rate)μGy/h(1グレイは1シーベルトに換算できます )

最大値
(max)
最小値
(min)
平均値
(average)

0.06170.05330.0572

※東京電力福島第一原子力発電所の事故以前の測定値は、1時間あたり0.028~0.079マイクロシーベルトで推移しています。


nice!(14) 
共通テーマ:ニュース

一夜に10万人の非戦闘員を米軍が大量殺戮した東京大空襲の事実を忘れてはなりません。 [大東亜戦争特集ぺリリュー島]

20110310-1.jpg[カメラ]昭和2年3月10日墨田区の石原二丁目の蔵前通りでは米軍のクラスター型焼夷弾による無差別爆撃で非戦闘員であった住民が猛火に包まれ逃げ場を失い焼死してしまいました。

20110310-2.jpg[カメラ]当事強い北風が吹いており、焼夷弾により木造の民家が次々に燃え火災旋風で焼死した子供を負ぶったお母さん、火災旋風による強風で子供が吹き飛ばされたと言う証言を裏付ける様に子供が母の背から飛ばされて焼死しています。

当事は情報統制が強く悲惨な状況の撮影が厳しく禁じられて居た為に、大量殺戮の悲惨さを写した写真は極めて少ないのが現実です。

大東亜戦争時代、東京が空襲される事を防ぐ為に、南洋諸島では日本の守備隊が激しい抵抗をしましたが、物量で迫る米軍には勝てず次々に玉砕してしまいました。

20110310-3.jpg[カメラ]南洋諸島のテニアン島では現在のジェット旅客機並の大きさのB29爆撃機約300機が写真の500キロのクラスター型焼夷弾を大量に積んで9日に離陸し東京へ向かいました。

9日午後11時頃には、千葉県館山方面に到着しましたが、大量の戦闘機や高射砲を奪われ制空権を失ったわが国はB29爆撃機約300機が来ている事も正確に把握すら出来ませんでした。

攻撃目標の本所4丁目付近に達すると500キロのクラスター型焼夷弾を大量に投下しました。

この焼夷弾は上空で破裂し複数の六角形のペンシル状の子爆弾に別れ、地上に刺さると火の着いたゼリー状のガソリンが飛び散り木造の家屋を炎上させ様に作られました。

攻撃の方法も非戦闘員を大量に殺戮する為に逃げ道を塞ぐ様に円形に火の壁を作る様に行われま多様です。

当事を知る人達の話では、当事は情報が少なく300機ものB29爆撃機が襲来している事を知らずに居たのでこれ程の大惨事になるとは思わず、逃げ遅れた方が多かった様です。

各地で火災が発生すると突然強風が吹き始め体の小さな子供が飛ばされたり、大量の火の粉で歩いている人の服に火が着き出し出したと言う。

夜なので明るい場所は火災なので皆暗い方に逃げるのですが、中には明るい人が現れるのだそうです。

良く見ると明るい人は前身火達磨になって走り回る人だったそうです。

生き残った方にどうやって生き残れたのかを聞いてみますと、鉄筋の建物で鉄の扉のある学校に逃げて助かったそうです。

しかしながら、後から来る人達は体に火が付いていて中に入れてしまうと建物が燃えてしまうので鉄の扉を開く訳にはいかず、苦渋の選択の末扉を閉めたままにしたそうです。

翌朝、明るくなって見ると扉の外に人の背丈程の赤茶色の土の山があるので、それは何かとよく見ると焼け焦げた人の焼死体だったと言う。

戦没者のご冥福を祈らずには居られません。

当事の国際法でも非戦闘員への無差別攻撃は禁止されていた筈ですし、非戦闘員を大量に殺戮した行為は厳しく処罰されなければならない筈です。

東京裁判では、戦勝国の論理で裁かれわが国が一方的に悪者にされてしまいましたが、時間の経過と共に米国の戦争責任も追及される様になりましたが、まだまだと言う感じが致します。

今の若者に戦争の話をすると昔話か別世界の話だとして聞いて貰えませんが、戦争を忘れた時が一番危険なのではないでしょうか。


nice!(22) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 大東亜戦争特集ぺリリュー島 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。