So-net無料ブログ作成
検索選択
これが最強のオンブズマン ブログトップ
前の10件 | -

第13回区政報告会が2日目開催!高額納税者の皆さんの怒り爆発で夜11時まで議論! [これが最強のオンブズマン]

20151117-1.jpg[カメラ]17日第13回区政報告会が2日目開催され今回は区内でも比較的高額納税者の皆さんが多く集まったせいか、終了後のフリートーキングへこうした皆さんの墨田区への怒り爆発で夜11時まで議論が続きました。

上の写真は先日の決算特別委員会の様子ですが、山本亨新区長が前山﨑区長体制の人事をそのまま使っており民間から区長を出した意味が無いと指摘した場面では、画面左側の自民党の議員だけが全員腕組をして居ます。

この腕を組むしぐさはボディーランゲージ(body language)では何を意味するのでしょうか?

さて、第13回区政報告会が2日目では報告終了御の自由討議の中で以下の問題が出て来ました。

新区長体制で墨田区の綱紀の乱れや墨田区の補助金で操られ不透明な会計処理が行われる町会に対する怒りがかなり深刻である事が次々に報告され各地で問題になって居る事が指摘されました。

更に、区議会を傍聴する区民の会の方々からは先の決算特別委員会での木内清委員長の墨田オンブズマンに対する差別的な扱いや失礼な行為に対する怒りの声が上がりました。

これは、木内清委員長の墨田オンブズマンに対する不公平な扱いや失礼な行為があっても議員も役人は見て見ぬふりをしており、誰の助けも得られず孤軍奮闘する大瀬康介代表守る為にもより多くの区民が区議会を傍聴する必要があるとの発言もございました。

また、こうした事実を自分達の目で見て口コミで発信する必要性や「木内清委員長の様な議員を出しては区民の恥でありもっと区民が政治に関心を持つべきだ」と言う厳しい声も寄せられました。

墨田区の町会への補助金が不透明な問題については町会役員が会計帳簿を自分達の息のかかった人達の中で管理され、区からの補助金がこうした人達の内部で不適切に使われて居り利権になっているとのご指摘がございました。

また、特定の政党の集票機関として使われて居る実態があり、特定の政党だけに政治活動を許し他の政党や団体の利用をさせない実態がある事が各地にお住いの皆さんから報告がございました。

区からの補助金が一部の町会の人達に不透明に使われて居る問題については、業務上横領等の刑法に抵触する恐れのある事例については証拠を掴み次第事件として告発する事で一致しました。

また行政の役人が各種の補助金を交付する事で町会や自治会を利用して特定政党への票田として応援や利用が行われて居る実態に目を光らせ調査研究しその実態を把握しょうと言う事になりました。

やはりこうした実態が存在する事が政党の看板の基で何もしない出来ない議員がのさばり続け墨田区の利権を貪って居る元凶なのかも知れません。

この日集まられた方々はそれぞれの地域の実力者でもあり高額納税者でもあり現実に多くの従業員等を養い社会に貢献されている方や知識人やエリート層でこうした専門家がそれぞれの関係を密にして墨田区を変えようとして居ます。

やはり社会的に専門家集団を構成する事で飛躍的な問題解決力が格段に上がりますし、現在のお役人が区民の意思に反して好き勝手な事をして居る区政を正して行かなければならない事で一致しました。

最も現在の墨田区にとって深刻なのは、新区長の指導力の無さでお役人に担がれて居るだけで何の為に長く続いた役人出身の区長から民間の区長にしたのか分からない事です。

今は様子見段階ですが、今後の予算編成、幹部職員の人事等から役人区長を踏襲するだけの傀儡区長であるかが見えて参りますので、調査分析のうえ毎月定例で行われる区政報告会で事実をお知らせして参ります。

この日は議論が大変盛り上がりほぼ全員が終バスぎりぎりまで居り、よる11時過ぎまで議論が続いた事には私も驚きましたし、特に高額納税者の皆さんの怒りは非常に強い事が分かりました。

また、様々な職業や専門家のであり社会の知識層が情報を共有したり議論をする事が、現在の先が見えない閉塞した経済状況を切り開く鍵になりすし、これから起こる危機を未然に回避できるかも知れません。

こうした動きが多くの皆様が政治に関心を持たないと血税が無責任なお役人や政治家に好き勝手に使われその支払いは自分達が支払わされる事になる為、これをさせない為に政治に関心を持とうと言う大きな波が起る可能性を感じました。


nice!(26) 
共通テーマ:ニュース

第13回区政報告会が1日目開催され、新区長の指導力の無さが問われ始めました! [これが最強のオンブズマン]

20151116-1.jpg[カメラ]パリの同時多発テロに対する犠牲者追悼とフランスへの励ましを込めてフランス国旗の色にライトアップされた東京スカイツリーの下では第13回区政報告会が1日が開催され多くの皆様が集まって下さいました。

冒頭はパリでの同時多発テロが日本でも起こるのかと言うご質問に答える形で事件の歴史的背景やISILに見られるテロは某諜報機関がアラブ人は悪者だと言う刷り込みの為にこの様な事件を起こした可能性を指摘致しました。

決算特別委員会の報告もさせていただき、そこで出て来た問題を分かり易くご報告致しました。

山本新区長になり、墨田区の職員の綱紀の乱れについて具体例を示してお知らせさせていただきました。

やはり前山﨑区長の敷いた人事を変えなければ墨田区は以前と変わりませんし、更に問題なのは新区長の指導力の無さで、前区長の敷いた幹部職員に担がれるだけで仕事は全て丸投げと言っても過言では無い状況です。

このままでは、これまでの役人区長時代と変わらない状態が続くどころか更に悪くなり兼ねません。

やはり区民が行政を監視する事が大変重要な時期に来て居るのかも知れません。

マイナンバーの通知が送られて来た方もいらっしゃりマイナンバーカードは必要なのかと言う論議が起こり、専門家の意見ではマイナンバー通知は大切保存するもののマイナンバーカードを申請するメリットは殆ど無いと言う事です。

以前も住民基本カードが作られたもののメリットが殆ど無く使われないまま消滅する運命である事が示す通り、マイナンバーカードも同じ運命を歩む可能性が指摘されました。

そもそもマイナンバーは個人の所得を税務当局が把握し易い為に作られたものですから、我々納税者にメリットのあるものではそもそもありません。

結果的に現状ではマイナンバーカードは殆ど使う事もメリット無いのでマイナンバーの通知はそのま大切に保存し、マイナンバーカードは作らない事が利口な様です。

明日は2日目の区政報告会がございます。

ご案内に2日目の日付に誤りがございまして27日では無く17日、明日ですので訂正をお願いします。

本日もマスコミの方がいらっしゃり、私の当ブログがマスコミのネタとして活用され、マスコミ関係者の中でも愛読者が多いと言われています。

その理由はネタ自体が独自の視点から集めれられたり現実に起こって居る問題が精緻に分析されて居て毎日読んで居るとこの世の中の状況が掴めるのだそうです。

筆者自身はその様な事を意識して書いているつもりはありませんが、現実に起こって居る問題を出来るだけ記録に留めて後で検索エンジンで引き出せる事が出来る様にしているだけです。


nice!(13) 
共通テーマ:ニュース

倒壊の危険のある建物の撤去に成功!結局墨田区は無策で何も出来ませんでした! [これが最強のオンブズマン]

20151105-1.jpg[カメラ]平成25年9月に隣接する土地と建物の所有者から隣にある廃墟が傾き倒壊の危険があるので相談に来られまし。

この家の主は20年程前に孤独死しており身寄りも無く相続人も不明で取壊しも出来ない状態でした。

墨田区では昨年の平成26年の1月に空き家対策条例が施行されましたが、この建物は持主が不明な為にこの条例も適用出来ませんでした。

墨田区がやれたのは倒壊の危険がある部分をロープと板で補強する程度の事しかできませんでした。

そこで民間の知恵駆使してやっと先月末に建物が解体され、倒壊の危険や火災等の危険が無い更地にする事に成功しました。

20151105-2.jpg[カメラ]解体業者が入り倒壊の危険があった建物は撤去されました。

この様な問題でお困りの方は一度ご相談下さい。

状況によって全ての条件が変わりますが、パズルを解くように問題点を取除きますと、何らかの方法で撤去出来る場合がございます。

但し、超多忙につきご相談は墨田区内の方に限定させていただきます。


nice!(14) 
共通テーマ:ニュース

墨田オンブズマン区政報告会で区議会を傍聴する区民の会が結成され活動開始へ! [これが最強のオンブズマン]

20151021-4.jpg[カメラ]20日に行われた第12回墨田オンブズマン区政報告会2日目では、先月の9月9日に行われた平成27年度第3回墨田区議会定例会で大瀬康介が一般質問を行いました際に、不用意発言や写真の緑町公園テニスコートのこどもや高齢者の為の広場の件で、自民党の木内清議員から動議が出された問題で皆さんの怒りが収まらない事が分かりました。

先ず上の写真をご覧ください、現場位は写真右側の空地と書かれた部分ですが、こどもや高齢者の為の広場がいつの間にか空地に書き換えられており、北斎美術館建設に伴いお役人の都合で空地にされて居るのです。

20151021-5.jpg[カメラ]これが現場の写真ですが、水はけの良い小石と砂できちんと整備されたゲートボール用のコートが多額の税金を投じて当時作られましたが、これがいつの間にかに空地にすり替えられて居ます。

20151021-6.jpg[カメラ]空地の筈の広場にはご覧のプレートが張り付けられ「この広場はこどもたちや高齢者のための広場です」と書かれて居ますが、北斎美術館利権が優先され、はこどもたちや高齢者のための広場が取上げられた事が分かります。

20151021-4.jpg

20151021-2.jpg[カメラ]私の区議会での指摘により明らかにされた計画では、はこどもたちや高齢者のための広場が西側の北斎美術館側に移され北斎美術館等の為の駐輪場として利用しようと計画して居た事が明らかにされました。

9月9日に行われた平成27年度第3回墨田区議会本会議で自民党の木内清議員から動議が出された問題で皆さんの怒りが収まらない背景にはこうした重要な問題が指摘されたにも関わらず発言が「駐車場」と「駐輪場」違いだけで取り消されたのはおかしいからです。

やはり区民が区議会を傍聴しこうした最大会派自民党の嫌がらせから墨田オンブズマン大瀬康介を守ろうではないかと言う声や区議会を傍聴する事で議員の仕事ぶりを見て、これまで知る事が出来なかった議会を自分の目で見ようと言う声が高まりました。

そこで19日に提唱された「区議会を傍聴する区民の会」が20日にも賛同者が集まり結成される事になり活動開始されます。

更に嫌がらせを行った議員を把握し口コミなどで実態をより多くの区民の皆様に伝える活動も行われる事になりました。

やはり緑町公園テニスコートのこどもや高齢者の為の広場が事実上、北斎美術館の為に、区民に知らされずに利用される事が議会で指摘されてもそれを隠ぺいされる区議会の現実をご覧いただきました。

言葉尻を捉えて難癖を付けて取り消し、区民に知らされない事は、議会制民主主義に反しますし、その不利益を受けるのは区民の皆様ではないでしょうか。


nice!(18) 
共通テーマ:ニュース

第12回墨田オンブズマン区政報告会で区議会を傍聴する区民の会が結成されました! [これが最強のオンブズマン]

20151020-1.jpg[カメラ]19日午後6時半開場7時開会の第12回墨田オンブズマン区政報告会第1日目が開催され、9月29日の墨田区区議会本会議を傍聴に来られた皆様から提案がございました。

9月29日の大瀬康介の反対討論を聞かれた本会議を傍聴に来られた皆様から「感銘を受けました」とか「区議会の実態をもっと知ろう」と言う意見が出されました。

そして来場者の中から「区議会を傍聴する区民の会を結成」したらどうかと言う声が上がり、多くの方の賛成があり区議会をみんなで傍聴する会が結成される事になりましたのでお知らせ致します。

「やはり区議会を傍聴して区民が知らされない区議会の現実を自分達の目で確認すべきではないか」と言う声が報告会の来場者から上がった事は毎月区政報告会を開催し区議会の実態を報告して来た効果があったのかも知れません。

この発端は9月9日の第3回定例会で大瀬康介が一般質問を終えた直後に自民党の木内清議員から嫌がらせとしか思えない動議が出された事や不妊治療の理解を深める部分で不用意発言があり傍聴に来られた皆様の怒りが発端です。

その後私の議案に対する反対討論など皆で傍聴に行こうと言う機運が高まり、墨田区の議会を自分の目で確かめたいとか区議会で何をやって居るのか見ようと言う声が高まって参りました。

今後、区議会を傍聴する区民の会を正式に結成して活動が始まりますのでお知らせ致します。

尚、本日20日にも第12回墨田オンブズマン区政報告会第2日目が開催されますのでこの時にも「区議会をみんなで傍聴する会」の参加者を募集致します。

また、次に発行する墨田オンブズマン新聞にも参加者を募集する記事を掲載して欲しいと言う声がございましたので掲載を致します。

区議会をみんなで傍聴する会が発足致しますと区議会は明らかに変わると思います。

これまでは、多くの区民の皆様が区議会で何が行われて居るのか知らされず、議員が何をしているのか分からないのが現実でしたが、これを直接見て知ろうと言う動きが出た事は議会は必然的に変わらざるを得ません。

毎月第3月曜日と火曜日の墨田オンブズマン区政報告会では、区議会に出された議案のご報告や議案の内容を分かり易く解説してその問題点や良い点を解説して分からない所は質疑で分かり易く解説して居ます。

開催は本日20日にも第12回墨田オンブズマン区政報告会第2日目があります。

来月11月は16日に第1回目、17日に第2回目午後6時半開場7時開会で場所は東京スカイツリー駅徒歩2分の私の事務所で開催されます。

但し、座席に限りがございますので案内状の届いて居ない方や新規の方は事前のご連絡下さい。

20151020-2.jpg[カメラ]詳しくは地図をご覧ください、区内全域から電車、地下鉄、バスで最も来やすい場所に事務所がございます。


nice!(18) 
共通テーマ:ニュース

拡大生産者責任を問う!株式会社JTBアセットマネジメントへ公開質問状を送付! [これが最強のオンブズマン]

20150906-1.jpg[カメラ]昨年9月8日に東墨田二丁目の公道上で廃棄物の処理及び清掃に関する法律に違反した産業廃棄物の仕分け作業が行われて居ました。

法律では産業廃棄物の保管および仕分け等の作業は、有害物質が近隣に飛散しない様に閉鎖された空間で行わなければなりませんが、ご覧の有様でした。

当該行為を行って居た株式会社亀田に対しては、公道に関しては警視庁に、仕訳作業及び保管に関しては東京都環境局へ連絡し立入検査を要請致しました。

更に、廃棄物を委託した株式会社JTBアセットマネジメントに対しては、OECD(経済協力開発機構)が提唱している拡大生産者責任EPR(Extended Producer Responsibility)を問う為に5月11日付けで公開質問状を送付致しました。

その後4ヶ月が経過しても回答が無い為に9月1日付で電話にて催告したところ届いて居ないと言われましたので同日再送致しました。

公開質問状ですのでその内容を公開致します。

                                                  平成27年5月11日
                                                再送平成27年9月1日
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-43-19 JTBビル
株式会社JTBアセットマネジメント
代表取締役社長 大八木隆男
                           〒130-0002
                           東京都墨田区業平橋1-13-1住建第8ハイプレース1階
                                            墨田区議会議員 大瀬康介
                                            電話 03-5608-33**

公開質問状

 拝啓 新涼の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平成27年5月11日付で公開質問状を送付致しまた。私は墨田区議会議員の大瀬康介と申します。

しかしながら未だに貴社からコンプライアンスに基づく回答はいただいておりません。

そこで当方のHP又はブログで不誠実な対応をされている事を公表させて戴く前に再度回答をお願い致します。

相当期間(10日程度)経過してもご回答が得られない場合は当ブログに連載で貴社の廃棄物及び個人情報の取扱いについて公表して参ります。

何しろ地元住民からの苦情が大変多い産業廃棄物処理業者であると共に、法律や社会のルールすら守ろうとしていただけないのが株式会社亀田の実態でございます。

墨田区は年間約5億円を使い資源集積場を設けアルミ缶等の資源のリサクルをしておりますが、資源集積場からの持去りが多く「墨田区廃棄物の減量及び処理に関する条例」を制定し、その対策をしておりますが古紙やアルミ缶の持去りが減らないのが実情でございます。

その原因は集積場から持去られたものである事を認識しながらこれを買い取る業者が居る事が調査の結果分かって参りました。貴外注先である株式会社亀田は、形だけの別会社を作り、ホームレス等から区内外の資源集積場から持ち去られたアルミ缶や古紙を買取っております。

当区ではこの持去りだけて推定1億円を超える資源が持ち去られております。また、自転車等にアルミ缶等を多量に積み前も見えない状態で自転車や台車で株式会社亀田に持ち込むホームレス等が集まり、児童の登校時間など危険だと近隣住民から対策を求める声が寄せられております。

 そこで現地調査を実施致しましたところ産業廃棄物処理法及び道路交通法、道路法に違反して路上で廃棄物処理を行って居る現場を確認し撮影致しました。

後日撮影した写真を詳しく調べてみますと株式会社JTBアセットマネジメント様の廃棄物である事が分かりました。

貴社は当然コンプライアンスを守られる企業だと察しますので事実関係をお知らせしますと共に、貴社が廃棄を委託された産業廃棄物の実態を把握していただきたく公開質問状を送付致しました次第です。

ご回答いただきました内容は墨田オンブズマンのブログに掲載しますと共にHPでも区民の皆様を始め多くの皆様にご覧いただき幅広く皆様の声を行政に反映させたいと存じます。何卒コンプライアンスを誠実に果たされる企業としてご回答下さいますようお願い申し上げます。

                                                 敬具

以下ご質問致します。

1. 株式会社亀田のHPには、取引先にJTBと載っておりますが、これは株式会社JTBアセットマネジメント様の事なのか、株式会社ジェイティービーなのかお尋ね致します。

下に掲載された写真の箱の部分を拡大して見ますと、箱には株式会社JTBアセットマネジメント様と記載がございます

貴社はどの様な契約で貴社の廃棄物を委託されたのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:契約上の秘密等の明かせない。

20150906-1.jpg2014年9月8日撮影

20150906-2.jpg



1.    上記写真は株式会社亀田が産業廃棄物処理法及び道路交通法、道路法に違反して路上で廃棄物処理を行って居る現場を確認し撮影したものですが、白色の廃棄箱には貴社のお名前とTELの文字があり、この中身は電話番号等の個人情報が入って居るものと考えます。ご覧の様に蓋が空いた状態でしかも公道上でこの様な個人情報が管理されて居る事をご存じなのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:「TEL」と書かれた箱の中身は電話機であり、個人情報は含まれて居ない。

2.    この状態では風が吹けば個人情報が飛散してしまう恐れがございますが、貴社では個人情報の管理が徹底されて居るとおっしゃるのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:該当の会社には個人情報の入ったものの廃棄は委託していない。基本的に事務所の移転に伴う廃棄物の処理の委託である。

3.    御社の廃棄箱は恐らく重要度を示す赤箱で其処には個人情報を示すTELと書かれた箱がございますが、どのような手続きや経緯で産廃として委託されたものでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:無回答。

4.    貴社の廃棄箱の色についてお伺い致しますが、写真の赤色の箱は貴社の規定ではどの様な位置づけの廃棄箱なのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:無回答。

5.    貴社は産業廃棄物の委託先に定期的に訪問し委託廃棄物について追跡調査をされて居るのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:無回答。

6.    貴社委託先の株式会社亀田についてどの様な認識をお持ちなのか、年間どれ位の量の廃棄物を委託されて来たのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:無回答。

7.    貴社の廃棄物の管理状態を示す写真をご覧になりどの様な感想をお持ちになられましたでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:無回答。

8.    今後どの様な対応を取る必要があるとお考えでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:今後調査をして対応を検討する。

9.    万一個人情報が流失して居た場合はどの様に対応を取られるのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:個人情報の入ったものは委託していない。

20150906-3.jpgこの写真は株式会社亀田の処理施設の状況です。写真左側が株式会社亀田の廃棄物の処理及び保管の状況です。写真の右側を
ご覧下さい。大量に空き缶を自転車に積んで缶を売りに来て居る事を示す写真です。

11.  写真手前の左側に大量のアルミ缶が積まれて居るのがご覧になれると思いますが、株式会社亀田は名目だけの別会で所在地は同一の株式会社アロイマテリアルを使い区内の資源集積場から持ち去れてたアルミ缶が含まれて居るだろう事は区からの連絡等で知っているにも関わらず買取りを続けて居ます。この様な行為について貴社はどの様にお考えなのかお考えをお知らせ下さい。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:弊社とは関係の無い問題だ。

12. 株式会社亀田の安全及び周辺環境及び法令順守の無さについてお伺い致します。先ず上の写真をご覧下さい。ここは、ホームレス等から区内外から持ち去られたアルミ缶や古紙を買取って居る場所ですが、高く積み上げられたパレットは崩れれば公道を歩行中の人を巻き込む危険がございます。更に鉄籠に入れられた古紙類は産業廃棄物処理基準に違反して屋外で保管されています。貴社ではこの様な劣悪な作業環境で委託された廃棄物が処理されている事を事前にご確認されているのでしょうか。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:弊社とは関係の無い問題だ。

13. 東京都が近隣住民からの告発を受けて立入検査を受けた際の立入検査票を添付しますのでこれについても、貴社のコメントを戴きたくお願い申し上げます。

この質問に対する株式会社JTBアセットマネジメントの回答:弊社とは関係の無い問題だ。

以上

株式会社JTBアセットマネジメントの不誠実な対応には呆れました。

同社の経営理念は、「安全で快適な空間サービスの提供と創造を使命とし、不動産資産の価値向上に貢献します。」と書かれて居ます。

しかし、上記写真をご覧ください、東墨田2丁目の状況を鑑みますと「危険で不快」な状況を作り出しておりますし、不動産資産の価値向上どころか結果的に下落要因を作り出して居るのではないでしょうか。

事業ドメインについては「不動産・空間設計事業を通じたオフィス・店舗・住居に関するソリューション企業。」を強調しております。

東墨田の産業廃棄物を見る限り、「拡大生産者責任」と言う概念が無く、店舗や事務所の改装で出た廃棄物は、ご覧の様な会社に丸投げされているのが現実でした。

「私たちがお客様に約束すること」題され部分では以下のお約束をされている筈です。

・誠実・スピード・専門性をもってお客様のニーズへお応えいたします。

墨田区の東墨田のお住いの方から声を集めた「公開質問状」への回答をご覧になれば、これが誠実・スピード・専門性をもってお客様のニーズへお応えして居るのでしょうか。

・プロフェッショナル集団として、お客様に最適で高品質なサービスを提供します。

拡大生産者責任も果たせない企業が「プロフェッショナル集団」とは思えませんし、「お客様に最適で高品質なサービス」など果たして可能なのでしょうか。

・サービス精神を発揮し、自らがお客様の立場に立って提案することが、もっとも大切な使命と考えます。

本当に「サービス精神を発揮し、自らがお客様の立場に立って提案する」ことが出来る企業が公開質問状に対して文書で回答せず電話での回答と言う責任の所在を明らかにしない企業が果たしてこれが出来るのでしょうか。

「行動基準・サービス基準」についてはこう述べて居ます。

私たちは法令を遵守いたします。

この会社の出した産業廃棄物は、産業廃棄物処理法及び道路交通法、道路法に違反して路上で廃棄物処理が行われておりました。

私たちはお客様の立場に立って、誠実な仕事をします。

当該企業の出した産業廃棄物は、公道上で廃棄物処理が行われ近隣住民多大な迷惑をかけて居るにも関わらすこれが「誠実な仕事」と言えるのでしょうか。

私たちは事業パートナーを大切にし、公正なお付き合いをいたします。

確かに事業パートナーを大切にされて居る様です「路上で廃棄物処理」をする企業でもお咎め無しと言う感触でした。しかし、これが「公正」と言えるのでしょうか。

私たちはひとりひとりが自律した社員として、責任ある行動をします。

このお言葉が本当なら私が出した公開質問状に対する「文書」での回答をしていません、これが「責任ある行動」でしょうか。

私たちは新しいことに興味を持ち知識向上に努めます。興味を持たれる事は勝手ですし、「知識の向上」では拡大生産者責任について知識を向上させるべきです。

私たちは公平で活気のある働きやすい会社を築くことを心がけます。

どうぞそう心がけていただきたい。

私たちは社会の一員として、社会の発展と自然環境の保護に努めます。

「社会の一員」なら「路上で廃棄物処理」と言う反社会的行為に対して敏感であるべきで、「社会の発展と自然環境の保護に努めます」と言うなら、公開質問状の内容に誠実に対応出来る筈です。

今後は株式会社JTBアセットマネジメントの企業体質が分かりましたので、OECDに対して今回の事実の報告と対応を相談すると共に拡大生産者責任EPRについても国際的に厳しくその責任を追及して参ります。


nice!(19) 
共通テーマ:ニュース

平成27年第1回墨田区議会定例会で問題を指摘した各町内の掲示板が新しくなりました! [これが最強のオンブズマン]

20150903-1.jpg [カメラ]今年の2月17日の平成27年第1回墨田区議会定例会で各町会の掲示板が古く使い難いと言う区民の皆様の声を受けて一般質問を行った町会の掲示板が新しくなりましたのでご報告致します。

まだ交換されていない町会の掲示板も順次新しくなります。

20150903-2.jpg[カメラ]区内の掲示板はこうして物言える行動力のある議員が居なければ新しくして貰えないのが現実です、放置してしまうと税金が無駄な箱モノに使われてしまいます。

平成27年第1回墨田区議会定例会で問題を指摘した各町内の掲示板についての質問は以下の通りですの部分抜粋ですがご覧下さい。

次に、「町内会の掲示板の改良と有効活用について」伺います。

区内の各町会が管理する掲示板は、その活用次第では有効な伝達手段となります。

先ず防犯対策では、地域内で起きている不審者情報や侵入盗、ひったくり等の情報を掲示版に掲示すれば、掲示板を見た人々はこれらに起因する犯罪被害を防止する事が出来ますし、不審者等に注意し、声掛けや不審者情報を警察等と共有する事で防犯や犯人逮捕にも役立ちます。

また、大災害時には電話等の通信機器が使えなくなる場合でも、町内の掲示板で負傷者の搬送先や水・食料等の配給場所、配布時間を知らせる事が出来ますので災害時の情報伝達手段として整備充実させる必要がございます。

最近目に付くのが区内の掲示板の管理が悪く、壊れて居たり掲示板の板が固過ぎて画鋲が打ちにくいものや抜けにくいものがあり、女性や高齢者が扱い難いものがございます。

そこで、柔らかい素材のコルクなどを張付けた扱い易いものに順次取り換えると共に、防犯や災害時の情報交換や告知の場となる事を宣伝し、いつ来ても不思議では無い首都直下地震では皆さんが情報を共有するツールとして活用すべきだと思われますが、区長のご方針を伺います。

この質問で引き出せました区長答弁は次の通りです。

次に、町会・自治会が管理する掲示板についてのご質問がございました。

 区内には、全168町会・自治会に約2, 0 0 0基のコミュニティ掲示板が設置され、各種の情報発信に利用されております。この掲示板はアクセスの容易性と速達性にすぐれ、地域コミュニティの効果的な情報伝達手段であるため、区は掲示板の設置や改修の際に助成を行っております。

その活用については大瀬議員さんのご指摘にもございましたように、防犯や災害時における有用な情報の積極的な提供など、安心・安全なまちづくりにおいて大きな効果が期待できるものと考えております。

したがいまして、危機管理情報をはじめ、地域のつながりを実感できる生活情報の共有など、有効な活用方法について、今後、町会・自治会関係者の皆さんのご意見もお聞きして対応してまいりたいと存じます。

こうした区議会でのやり取りで区民の皆様が利用し易い掲示板に変える事が出来ました。

区長答弁にもございます通り区内には、全168町会・自治会に約2, 0 0 0基のコミュニティ掲示板が設置されておりますので順次新しい掲示板に変わりますので是非ご活用頂ければ幸甚です。


nice!(13) 
共通テーマ:ニュース

資源持去り防止のため、コンテナは回収日当日の朝に組立てるようご協力をお願いします [これが最強のオンブズマン]

20150902.jpg[カメラ]今年の5月からすみだ清掃事務所へ交渉し実現させた「資源持去り防止のため、コンテナは回収日当日の朝に組立てるようご協力をお願いします」と言うシールが貼られた資源回収箱が配布され初めました。

この問題はずっと以前から指摘して来た問題ですが、資源回収用のコンテナが配布の都合で資源回収日の前日の日中に配布されてしまう為に、これを組み立ててしまいますと台風シーズンには風で飛ばされて車道に出てしまいます。

実際にはこれによる事故も発生し、風で飛ばされたコンテナが車道に飛び出してしまい、走行して居た車と激突し車が破損する事故が発生しました。

こうした事故防止jとコンテナを前日に組み立ててしまいますと夕方から夜にかけてアルミ缶をコンテナに入れてしまいますと朝には全てのアルミ缶だけが持ち去られてしまいます。

持去りだけでは無く、深夜に集積場から持去りをする音がうるさく眠れないと言う苦情もあり、コンテナを前日に組立なければ、風で飛ばされる心配や持去りとこれに伴う騒音の被害を軽減する必要性が生じました。

そこで今年の5月からすみだ清掃事務所と交渉を重ねて参りました。

当時は所長も赴任したばかりでこうしたものの予算の取り方すら知らない状態で、予算の取り方からアドバイスを行いやっと実現致しました。

これにより夜間資源が持ち去られる事が減少し、皆さんが回収日の当日の朝に組み立てていただき資源を出して下さればこの時には区の清掃事務所のパトロールカー巡回しておりますので持去りを減らす効果が期待されます。

何卒皆様のご協力で持去りの無い良い墨田区にしようではありませんか。


nice!(19) 
共通テーマ:ニュース

平成27年度予算特別委員会資料要求書を提出!これは大切な資料を得るチャンスです! [これが最強のオンブズマン]

20150129-2.JPG[カメラ]2月17日から3月4日まで平成27年度予算特別委員会が開催されますのでそれに先駆けて資料要求書を提出致しました。

第1次資料要求書の提出期限は30日までですが、既に28日に提出済みです。

この資料要求は普段では手に入らない長期的なデーターを得られる最大のチャンスですが、会派にによっては全く資料要すら出さない所もありこうした会派はお役人が出した予算案全て賛成なのでその必要が無いのかも知れません。

私の出した予算要求書を公開致しますのでご覧下さい。

平成27年 予算特別委員会 資料要求一覧

 ◆ 提出順(墨田オンブズマン 大瀬康介)[1月28日提出]


1 公益財団法人墨田区文化振興財団に係る補助金と還付金の推移(過去5年)


2 すみだ北斎美術館に係る分野別支出金の推移(過去5年)

3 北斎館資料取得基金による取得資料の年度別内容と価格の推移(過去3年)

4 北斎館資料取得基金による取得資料の年度別活用状況(過去5年)

5 UR(都市再生機構)施行による再開発事業に係る年度別・地域別事業費と、URへの支払い額と事業費に対する割合(事業開始時から)

6 物品契約における区内業者の等級格付の推移(過去5年)

7 一般社団法人墨田区観光協会への補助金と還付金の推移(過去5年)

8 一般社団法人墨田区観光協会の委託業務の収支の推移(過去5年)

9 産業観光プラザの月別の維持管理費、売上高、利用者数の推移(開設時から)

10 一般社団法人墨田区観光協会の固定費の推移(過去5年)

11 特別養護老人ホームの申込みと待機者数と入所倍率の推移(過去5年)

12 墨田区と東京23区平均の経常収支比率の推移のグラフ(過去10年)

13 区内防犯カメラの区補助による設置台数と刑法犯の認知件数の推移(過去5年)

14 生活保護世帯数と自立支援により生活保護を受給しなくなった者の数のグラフ(過去10年)

15 耐震、不燃化、バリアフリー補助金の利用者数と補助金総額の分野別推移のグラフ(過去5年)

16 区内の建築確認の申請数の推移のグラフ(過去20年)

17 墨田区の児童・生徒数(保育園・幼稚園児、小学生、中学生)の年度別推移のグラフ(過去20年)

18 主要国籍別外国人数の推移のグラフ(過去10年)

19 区内産業別事業所数、従業者数の推移(過去10年)

20 曳舟大規模商業施設内の駐車場及び駐輪場の月別利用率のグラフ(開設時から)

21 すみだ消費者センターの利用者数の推移(過去5年)と特に相談件数の多い事案のトップ3

22 随意契約の推移(過去5年)

23 墨田区職員の定年退職者数と中途退職者数、それぞれの退職金総額の推移(過去10年)

24 都内・区内の自殺者数の棒グラフと考えられる原因(過去10事業開始から)

26 本所地域プラザと八広地域プラザ(吾嬬の里)の月別利用者数と売上金額の推移のグラフ(事業開始から)

27 庁舎管理に係る庁舎警備業務の委託先及び委託金額の推移(過去20年)

28 資源持ち去り及び不法投棄防止対策に係る指導・警告・不法投棄回収のそれぞれの回数の推移(過去10年)

29 中国残留邦人等支援事業に係る生活支援給付受給者数及び支給総額の推移のグラフ(過去20年)

30 生活保護費の医療扶助(基金払分)に関して、診療科目別診療報酬額、診療科目別支払総額、被保護者1人当たりの科目別支払額の推移の折れ線グラフ(過去10年)

31 医療扶助(基金払分)の診療科目別診療報酬額に関する精神科の診療報酬について、国民健康保険での受診者1人当たりに対する支払額と被保護者1人当たりに対する支払額の推移の折れ線グラフ(過去10年)

以上ですが、こうした資料要求で資料の取り方次第では見えない部分を見える様にする事が可能になりますので資料の取り方に工夫や仕掛けが隠されて居ます。

例えば、30番では生活保受給者の医療費が年間約70億円もかかっており、生活保受給者の医療費は全て公費で負担している為に生活保受給者は無料で医療が受けられる為に必要が無いのに医療を受ける無駄が隠されている恐れがあります。

ここでは、診療科目別の診療報酬額、診療科目別支払総額、被保護者1人当たりの科目別支払額の推移の折れ線グラフを出させる事で医療費の診療科目別の傾向を見る事が出来ます。

31ではこうして出て来た診療科目別の傾向と国民健康保険での受診者1人当たりに対する支払額と被保護者1人当たりに対する支払額の推移の折れ線グラフで比較する事により、無駄を目視でチェックしょうとする試みがございます。

一概に全て無駄と判断する事は生活保受給者の場合は病気等で働けず生活保を受ける方もいらっしゃいますのでその辺は他の資料と照合して推計して無駄を省く工夫が必要になります。

こうして工夫と努力で皆様の大切な税金が無駄に使われて居ないかをチェックしています。


nice!(16) 
共通テーマ:ニュース

平成27年度予算要求書を5日区長へ提出致しました!予算要求内容を公開致します! [これが最強のオンブズマン]

20141206-1.jpg[カメラ]5日平成27年度予算要求書を区長へ提出致しましたのでその予算要求内容を公表致します。

平成27年度 政策・予算要望書

墨田オンブズマン 大瀬康介

平成27年度政策・予算要望書の提出にあたって

墨田オンブズマンでは、平成27年度政策及び予算編成に当たり日々の区民相談や書簡メール等で寄せられた内容を精査し必要性を認めたもの、各種日々の調査活動で墨田区の将来を予測し必要な施策とこれに伴う予算要望書を提出させていただきます。

財政事情の厳しい折ですが、区民の皆様の声を区の施策に取入れると共に将来を予想し先手を打って対策を講じる事を提案致します。

これらを実現させる事が墨田区の活力となり、行き届いた住民のニーズに応える事が快適に暮らせる墨田区の実現に繋がると考えますので、宜しくご検討の程、お願い申しあげます。

墨田区関係部課の皆様へ

 今回の政策及び予算要望書提出に当たり、各関係部課の皆様より当該要望書への回答をお願い致します。

期限につきましては、なるべく早くお願い致しますと共に遅くとも来年度予算案が確定次第ご提出をお願い致します。

ご多忙の折、大変恐縮ですが、簡潔で構いませんのでよろしくお願い致します。

1.地域活性化施策

1公有地を活用し区内の活性化促進について

  墨田区には学校の跡地等が各地に放置され具体的な活用すらされていないものが多くございます。

東京スカイツリーが開業し早くも4年経過したにも関わらず観光でいらっしゃるお客様の宿泊先が供給出来ておりません。

これは大変もったいない話で、当区内へご宿泊される観光客の皆様は宿泊だけでは無く、付近を散策されたり食事や買い物、公共交通機関の利用と言う二次的三次的経済効果が期待されると共に、当区全体の活性化に活かす必要性を痛感致します。

そこでご提案ですが、当区の所有する学校跡地等を活用し旅行者向けの比較的手軽な料金で宿泊出来るホテルを誘致すべきと考えます。

  特に外国からの観光客の皆様は休暇期間が長い為に長期に滞在される傾向があり、便利な場所にあったり豪華なホテルはむしろ敬遠し、多少の不便があっても下町の情緒が味わえる長期滞在型のホテルが好まれます。

区内には外国からのお客様が喜ぶような庶民的な下町が数多く存在しており、これを観光資源として活かさないのは大変もったいないと思います。

区内ではこうしたロケーションにある学校の跡地等が殆ど活用されていない場所が数多く存在します。

そこでこれら土地を世界的なホテルチェーンへ貸出せば地代は入るし下町活気を取戻せる可能性がございます。

墨田区はパリ7区のとの友好都市関係を強化する意味でもフランスパリのアコーホテルズ(Accor Hotels)グループ等を誘致したり、北米のベストウエスタン(Best Western)やホリデーイン(Holiday inn)等と交渉すべきではないかと思います。

従いまして公有地の活用施策を検討しこれに必要な予算の確保を希望致します。

2 商店街の活性化について

 上記に関連して下町の商店街の活性化も併用して行う必用があり、定期的に下町マルシェ(marché市場)を開設出来る様に商店街を支援してマルシェをパリ市同様に週毎に場所を変えて開設する施策を調査検討する必要があり必要な予算の確保を希望致します。

2.子育て支援
 

 1 子育て支援マンション促進策を
 子育て支援マンション制度は平成15年から実施されているが、実績は11件しか無く平成23年度以降は一件も認定を受けていないのが実情です。

子育てに必要な生活空間を確保し優良な住宅を提供する必要がある事は言うまでもありませんが、都心部のマンション価格の高騰等で販売し易い狭小住宅ばかり作られては墨田区の地域の活性化は図れません。

土地・建物等の所有者(デベロッパー等)の方が認定を受けたくなる様な魅力的な促進施策に改良し更新する事が必要です。これに必要な予算の確保を希望致します。

2 待機児童対策の為のより詳細な予測データー収集分析の為の予算について

 墨田区の待機児童の発生状況等が正確に予測出来ませんと前年度の12月に保育施設の利用を申込んでも保育園が確定するのが翌年2月になってしまい産休中から職場復帰や求職等の生活設計が出来ない為に早めに見通しが分かる様にする必要があります。

現在の多くのお母さん方が調整指数に不安を感じておられ、指数によるボーダーラインすら無い為に先が見えない不安と生活苦や子育ての大変さの板挟みの状況で、育児ストレスを増大させています。

これを解消させる為には、保育園の入所希望者数と園児受入れ体制の正確な数を新生児の出生届けが出された時点や転入転出届け等から需要を予測する為の基礎デーダーを構築し保育園と幼稚園の希望者の統計データーから導かれた割合を活用しより正確な事前予測を行う必用があり、これを求めます。

これに必要な予算の確保を希望致します。

3.冠水対策

 1浸透性の無いアクリル樹脂舗装された本所中学校の校庭に降りそそいだ水が外部に流出し道路を冠水させ付近の事務所内への浸水対策

 最近ゲリラ豪雨が問題になり平成26年9月10日には区内全域で1時間に80ミリを超えるゲリラ豪雨が発生致しました。

東駒形3丁目では本所中学校の校庭に降りそそいだ雨水が校庭から流れ出し付近の区道に流れ区道前の会社事務所内に浸水する状況が発生しました。

この道路下にある下水道は1時間に50ミリ程度の雨水しか想定されておらず。

ここへ80ミリを超すゲリラ豪雨に見舞われた上に、浸透性の無いアクリル樹脂舗装された本所中学校の校庭に降りそそいだ雨水まで流れ混んでしまえば冠水し付近の事務所が浸水するのは当然で構造上の欠陥があり速やかに改善する必要がございます。

そこで、本所中学校の校庭の舗装を透水型に変えれば水溜まりが出来ず、雨があがればすぐに校庭が使えますし、更に衝撃吸収性があって足腰にやさしく、転んでも安全なゴムチップウレタン舗装にすべきだと思います。

これは生徒への安全と敷地内に降りそそいだ雨水を地中に浸透させますので地盤沈下も防止されます。また下水道への負担を軽減させる意味でも有効な手段です。

更にゴムチップウレタン舗装の透水力を調べた上で必要に応じて1時間に100ミリを超える豪雨時には一時的に雨水を貯め時間差で下水に流すか地中で浸透処理する設備を作る必要がございます。これに必要な予算の確保を希望致します。

 2 東駒形3丁目付近の区道の下の下水道は1時間に50ミリ程度の雨水しか想定されておらず100ミリを超えるゲリラ豪雨に対応させる為に東京都下水道局に強く下水道の改良を求める必要が生じており、具体的な冠水対策の調査検討と下水道の改良を具現化する施策が必要です。

これに必要な予算の確保を希望致します。

4.隅田公園の老朽化した公衆トイレの改修工事等について

 1 隅田公園の老朽化した公衆トイレの改修について

 平成26年度にも予算要求しておりますが、未だに隅田公園の老朽化した公衆トイレが2ヶ所存在しております。国際観光都市として世界に宣伝されているにも関わらず暗く不衛生な公衆トイレが存在する事はおもてなしの精神に反しますし、国際観光都市と言うには公衆衛生面で問題があると言わざるを得ません。

隅田公園は海外からの観光客に大変人気があり場所を尋ねられる事もしばしばあり観光資源として活用すべき場所です。

春は桜夏は花火秋は紅葉冬は雪景色が楽しめ春夏秋冬で様々な魅力がございますがこれが活かされておりません。

来園される観光客の皆様や区民の皆様が安全で衛生的そして快適に使える公衆トイレへと改善する為これに必要なに改修工事費の予算を確保される事を要望致します。

 2 隅田公園の照明のLED化と照度の向上について

 隅田公園は夕暮れ近くなると照明が暗すぎて不審者が出没するなど児童が遊ぶには暗く人目に付きにくい場所、特に小梅小学校西側の球戯場や児童広場付近の照明が暗くこれまでは樹木の剪定等で対応して参りましたが、照明の位置や間隔を再検討する必要がございます。

環境と経済性、更に害虫が照明に群がる事に配慮して照明のLED化と照明の照度を上げると共に視認性の向上と防犯効果にも配慮した青色LEDを導入して戴けるよう前向きにご検討下さいますと共に、これに必要なに改修工事費等の予算を確保される事を要望致します。

5.資源集積場からの持ち去り対策の強化について

 1 資源集積場からの持ち去りは条例が制定されているにも関わらず未だ に条例の適応された事例が存在せず、条例の効果が疑問視されております。

その原因は、罰則の適用は裁判等の手続きが必要で煩雑で時間がかかる上に住所が特定出来ない場合があることから条例の見直しが必要である。

足立区ではたばこのポイ捨て対策と同じように、指導や警告なしに現場を確認次第2000円の過料を科す制度を導入しており墨田区でもこれを導入すべきです。

持ち去り行為によって得られる利益と比べて過料の額が安いかもしれませんが、現認されたらその場で罰金を払わされるので、回収人としては仕事がやりにくくなるということで抑止効果が期待されます。

更に、他区に習うだけででは無く当区では一歩前進させた条例を策定すべきで、持去りの原因はこれまでの調査の結果、ホームレス等に自転車を買い与えたり代金を貸出すなどして持ち去りをさせる悪質な資源の中間買取業者が存在し、ホームレスが少ないと他の自治体から連れて来る等その手口は悪質で貧困ビジネスそのものです。

こうした背景で墨田公園や堤通付近の隅田川の護岸付近のホームレスが減らない原因にもなって居ます。

この対策として、集積場か持ち去られた疑いのある資源を買取る業者に対して条例等で罰則課す必要があり、罰金や区の取引業者の場合一定期間の取引停止や入札参加資格停止等罰則を強化し、近隣の自治体との情報や連携を密にして区外からの悪質業者が入って来る事も防止する必要がある。

そこで、条例の改正と強化について検討しより効果的な施策を講じる為に必要な予算を要望致します。

 2 資源集積場からの持ち去りはリサイクルを目的に集積場に出された有価物が区民の目の前で持ち去られる事は治安上の不安を招きますし、区民がこうした行為を注意したりしますと逆に暴力を振われる危険もございます。

そこで、墨田区、警察、R団リサイクル共同組合、すみだリサイクル事業協同組合が連携して収集日の朝、持去り防止活動、やパトロールをする必要がありこれを求めます。これに必要な予算を確保される事を要望致します。

6.東墨田の環境対策について

 1 悪臭対策の強化について

 東墨田地域の工場から排出される悪臭について定期的に臭気テスト及び悪臭原因物質の敵機的な測定を実施し悪臭防止策の強化を求めます。これに伴う必用な予算が確保される事を要望致します。

 2 カラス対策について

 東墨田地域のカラスの異常な発生に伴う近隣住民の被害はもはや容認出来る限度を超えており餌となる動物性の油脂原料の保管管理など食品衛生基準に準拠した根本的な対策が必要です。

実態の把握や行政指導に伴う必要な予算を要望致します。また、東京都と交渉しカラス駆除用のトラップ増設と設置場所の確保に伴う必用な予算が確保される事を要望致します。

7.本所地域プラザ指定管理者の取消について

 本所地域プラザの指定管理者である一般社団法人BIGSHIPは平成25年10月12日頃松島みどり後援会女性部から、開館祝いとして5本立ちプレミアム胡蝶蘭(ホワイト)金5万4千円相当の寄付を受取っており。

公職選挙法第200条(特定人に対する寄附の勧誘、要求等の禁止)の2「何人も、選挙に関し、第199条に規定する者から寄附を受けてはならない。」及び同法第249条(寄附の勧誘、要求等の制限違反)「第200条第2項の規定に違反して寄附を受けた者(会社その他の法人又は団体にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、3年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処する」の罰則に該当する行為と認定される恐れがある。

また、当該胡蝶蘭が数か月に渡り公の施設である当該施設の1階ロビーに飾られた問題は、地方自治法第二百四十四条(公の施設)3.「普通地方公共団体は、住民が公の施設を利用することについて、不当な差別的取扱いをしてはならない。」とする規定に抵触している恐れがあり現指定管理者の指定を取消し、新たな指定管理者を一般競争入札で選定すべきである。

また、仄聞によれば同社団の従業員はボランティアの方が多く給料が支払われて居ないそうだが、これが事実なら人権費が不要になる訳で現在の指定管理料は高過ぎる事になる。

指定管理者を一般競争入札で選定する事により現在の指定管理料が更に圧縮されこの分が予算は減額出来る事が見込まれるので本所地域プラザ指定管理料の更なる圧縮を図る事を要望致します。

以上


nice!(21) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - これが最強のオンブズマン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。