So-net無料ブログ作成
検索選択
東京都都議会 ブログトップ
前の10件 | -

祝!舛添要一東京都知事辞職!反日守銭奴知事辞職で公有地に朝鮮学校は白紙化へ [東京都都議会]

20160615-1.jpg15日舛添要一東京都知事は都議議会の全会派から不信任案決議が可決される前に辞職を決意しました。

これは都民はもちろん国民の怒りが政治を変えた歴史的な瞬間でした。

先の都知事選挙では自民党と公明党の推薦する舛添要一が211万票余りを取り他の候補を大きく引き離して当選し自民党と公明党と言う組織の推薦を受けた候補が有利に選挙を進めました。

しかし、有権者から見れば誰を選んでん良いのか選び様が無い選挙が続き選挙の度に投票率は選挙をやる度に下がり続け平成26年2月9日の都知事選挙投票率は46.14%と有権者の半分以上が選挙行っていません。

つまりこれ程政治的無関心(political apathy)が進んでおりこれが、民意が反映されない政治と膨大な税金を使う特権を持つ官僚のやりたい放題を許して来たのです。

舛添氏の総額2億円使われた贅沢過ぎる海外出張で得られたものは韓国の朴槿恵大統領と都議会も都民の総意を得て居ないにも関わらず勝手に約束した都有地への朝鮮学校建設など酷過ぎる結果となっています。

更に、官僚が舛添氏やりたい放題を見て見ぬふりをした結果、視察と称する美術館巡り、公用車の使用では家族同伴でNHKホールや毎週の様に湯河原の別荘に行かれていました。

これらは合法的な行為かも知れませんが、都民の税金ですから道義的責任(意味:人としての正しい道を守るべき責任)は当然問われ、例え裁判で無罪になっても道義的責任は残るものです。

舛添要一東京都知事辞職はつまり、道義的責任で都民からクビにされた事になります。

墨田区の山本亨区長も公用車で自民党等の与党系議員の区政報告会に出席して居る事が写真などで私の所に多くの情報が区民の皆様から寄せられていますが、これも道義的責任を負わす必要がありそうです。

区長や議長の公用車の不適切な使用に関する情報があれは事前にご連絡をいただくか現場の時間や場所のわかる証拠となる写真を撮影して、お送りください。

山本亨区長の区議会での答弁で教育委員会事務局の入札の問題を2度も議会で指摘しているにも関わらず、これを改めようとしませんので何らかの利権の存在を疑わざる得ません。

区民の皆様から山本亨区長に関する些細な情報で構いません、こらから参議院選挙、都知事選挙がございますのでこうした選挙の応援をして居たとかの情報提供をお願い致します。

区長や議長等が選挙期間中公用車で特定の候補を応援する行為があった場合、公職選挙法第136条の2 (公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)次の各号の一に該当する者は,その地位を利用して選挙運動をすることができない」と定める選挙違反になります。

1.国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人の役員若しくは職員

 (公務員の活動における禁止行為)
1.その地位を利用して,公職の候補者の推薦に関与し,若しくは関与することを援助し,又は他人をしてこれらの行為をさせること。

2.その地位を利用して,投票の周旋勧誘,演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し,その企画の実施について指示し,若しくは指導し,又は他人をしてこれらの行為をさせること。

3.その地位を利用して,第199条の5(後援団体に関する寄附行為の禁止)第1項に規定する後援団体を結成し,その結成の準備に関与し,同項に規定する後援団体の構成員となることを勧誘し,若しくはこれらの行為を援助し,又は他人をしてこれらの行為をさせること。

4.その地位を利用して,新聞その他の刊行物を発行し,文書図画を掲示し,若しくは頒布し,若しくはこれらの行為を援助し,又は他人をしてこれらの行為をさせること。

5.公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し,支持し,若しくはこれに反対することを申しいで,又は約束した者に対し,その代価として,その職務の執行に当たり,当該申しいで,又は約束した者に係る利益を供与し,又は供与することを約束すること。

 (教育者の地位利用の選挙運動の禁止)
 第137条  教育者(学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する学校の長及び教員をいう。)は,学校の児童,生徒及び学生に対する教育上の地位を利用して選挙運動をすることができない。

特に区長や議長が公用車で候補者の演説会場や街頭宣伝車で応援演説をするなどこうした事実や現場を確認したら、先ず証拠となる写真等を撮影して下さい。

総務省選挙課に確認したところ公職選挙法第136条の2の公務員等には、区長、教育長、議長、議員もこれに含まれ禁止されいているそうです。

最終的な判断は個別事例毎に判断され、取締と書類送検が警視庁、起訴が検察、有罪、無罪の判定が裁判所となります。

あやしいと思ったら、警察へ110番通報し「事件ですか、事故ですか」と聞かれたら「事件です!選挙違反です!」と伝え場所を知らせて下さい。

その後私の所へご一報ください些細な情報でも構いません、些細な情報の積み重ねで何が行われて居るのかその内容が浮かび上がって来るものです。

第2の舛添を出さない為に見て見ぬふりはやめましょう。

それにしても舛添要一氏を東京都知事として推薦した自民党と公明党は、知事の辞職で幕引きでは東京都民はその真相が明らかにされない限り納得出ません。

辞職後もきちんと調査して何処に問題があったのかを明らかにしないと政治的無関心を加速させてしまうのではないでしょうか。


nice!(19) 
共通テーマ:ニュース

舛添要一東京都知事は時間の問題で辞職する!安物絵画購入は金集めの小道具疑惑 [東京都都議会]

20160608-1.jpg舛添要一東京都知事は時間の問題で辞職する観測が強まっています。

その最大の理由は都知事としての人格や指導力の無さで、忍耐強い筈の東京都の官僚がかばいきれない処かこのままでは桝添特権が作られ都職員の規律が乱れ、これではだめだと考えた一部の官僚が動いた可能性が見られます。

更に、舛添要一氏を推薦した自民党公明党の責任が問われこれから始まる参議院選挙ではこれまで自民党、公明党を支えて来た票田が流れてしまう事に歯止めが利かなくなる事が考えられます。

これに拍車をかけているのが、舛添氏の浅知恵で飛び出して来る嘘の答弁で、この嘘が次々矛盾を生みこの矛盾から暴露される内容が舛添氏の低レベルな人格性を浮き彫りにされ、言われるほど優秀ではなく小物に過ぎない事が見えて来ました。

ネットオークションでの安物絵画購入は、私は金集めの小道具に使おうとした疑惑を強く感じます。

本当に芸術の理解できる才能のある人なら先ず価格では買いませんし、特に作者名で購入する必要も無くあくまでも芸術性の高いものを買うものです。

非常に有名な画家か書いた作品でもその全てが芸術性の高い作品になる事は殆どありませんし、生涯の中で芸術性の高い作品となると数点しか残せないものです。

これを見抜ける人が本当の目利きと呼ばれる人達で、本当の芸術を理解できる為には知識だけではだめでその人の持つ感性が大きなウエイトを占めると思います。

舛添氏にははっきり申し上げてこれがありませんし、美術や芸術に対する感性どころか愛情が感じられませんから、作者へ対する尊敬とか敬意が無くネットオークションでの安物絵画購入となったと思います。

そこでなぜ安物絵画購入となったのかを考えてみますと、美術品の価格があるようで無いという市場価格の曖昧さを利用して金儲けをしようと考えて居た事が考えられます。

そもそも美術品の価格があるようで無いというのは、先に述べた様に有名な画家か書いた作品でもその全てが芸術性の高い作品になるとは限らない為でその芸術性の高さで同じ画家の作品でも価格が天と地程の差が出る為です。

多くの人が芸術性の高について判断出来ない為に「美術品の価格があるようで無い」という感触持ってしまうだけで、墨田区も北斎作品購入疑惑でも裁判の答弁書に上記の様な答弁をしているので芸術性の高さが解る人が居ない事を自ら述べてしまっています。

舛添氏がなぜ安物絵画購入をしていたかは、この価格の曖昧さを利用して裏のお金を表にしようとしていた可能性を私は疑います。

つまり、法律上寄付や献金を受けられない公共事業に関わる企業や業者、個人からお金を受取れば罪に問われます。

そこで、例えば親族が経営する会社にこれを売り付けた形を取り、献金を受けずに美術品を買わせ、商取引を装って表に出せない裏のお金を表に出させようとする目的で安物絵画購入していた可能性があります。

もっとも安物絵画と言っても舛添氏の購入したものはその多くが安物では無く偽物と思われますし、少なくとも芸術性の高いものは全く無いと思います。

こんな舛添要一氏を東京都知事にしてしまい、都民に多大な損害を与え、我々日本人に世界的な恥をかかせた自民党、公明党の責任は極めて重く、その責任を取るべきです。

もう舛添要一氏が東京都知事で居つづける事は無理ですし、時間と共に都民や国民の不満は、こんないやしい人物しか推薦できなかった自民党、公明党へ向かうでしょう。


nice!(17) 
共通テーマ:ニュース

舛添要一東京都知事は世界一金に汚い知事だった!東京の恥!公有地に朝鮮学校 [東京都都議会]

20160608-1.jpg最近の厳しい第三者の目会見や都議会での答弁をニュースを見ていると舛添要一東京都知事は世界一金に汚い知事である事が次第に明らかにされて来ました。

政治資金での美術品購入もヤフオクで数千円で落札するなどそのセコイ買い方を見ますと落札した大部分は贋作の可能性が高いと言わざるを得ません。

このご仁は本当に美術品が好きなのでは無く投資目的で激安品を買い高値で売り抜けようとして居た感が否めません。

本当の美術愛好家やコレクターそもそもこんなセコイ買い方などしませんし、本物芸術を見抜く目があるので可能性のある画家の作品は無名でも高値で買い画家を支援しながら本物の美術品を手に入れるものです。

舛添的買い方は、将来値上がりしそうな絵である程度知名度のある画家の作品に絞られて居る事を考えますと、似非知識で買って居る事がわかりますし、贋作はこうした非知識買いする人達をターゲットに作られるものです。

本物の美術品を手に入れるには、来歴の確かなものを買う必要がありこれが確かなものは専門の画商がコレクションして居る事が多く必ず来歴がわかるものが添付されているものです。

また、現代作家の美術品で特に有名な画家の作品は非常に贋作が多く専門家でも判定に苦しむものが多いので、画家が生きている内に画家の工房で直接本人から買うのが鉄則ですし、本人が書いている所を写真に撮り来歴を証明する資料を作成する必要があります。

つまり、画家の生活を支えるとか友人関係が築ける人や仲介者経由でないと直接本人から買う事は無理です。

贋作に引っかかる人は舛添的買い方でエセ知識はあっても本物画家を交流出来ないセコイ人で値上がりを狙う欲ボケした輩が多いのです。

墨田区のすみだ北斎美術館の収蔵品殆どが来歴の不明なものが大部分を占めますので今後真贋論争が起こる事が予想されるととともに程度の悪すぎるものは、全く展示されず収蔵庫に入れっぱなしなると思います。

つまり利権が税金を食い荒らした残滓はうやむやにされる可能性があるので、私は全ての購入したものを画像と共に保存管理しています。

それにしても、都民の公有地に朝鮮学校を作るとわざわざ韓国まで公費で行って約束して来る様な舛添要一東京都知事は即刻辞めさせるべきです。

日本の首都東京は韓国よりも経済規模が大きくその影響力も大きいにも関わらず都民の公有地に朝鮮学校を作ると言い出す訳ですから門地をネット上で疑われるのは当然ではないでしょうか。

いづれにしてもこのまま都知事を続けられては恥ずかしいですし、こんな知事を連れて来た自民党と公明党はその責任を取り辞めさせるべきではないでしょうか。


nice!(9) 
共通テーマ:ニュース

金に汚い特権階級の実態!桝添要一東京都知事の政治資金問題! [東京都都議会]

20160513-1 .jpg[カメラ]都知事選挙の桝添要一氏の公選ポスターの笑み何だったのでしようか。

週刊誌で次々に暴露される桝添要一東京都知事の公費浪費問題や政治資金問題を見て居ますと人間性を疑わざるを得ない事実が次々に暴露されています。

20160513-2 .jpg[カメラ]これが東京都知事選挙に出る人なのかと疑いたくなる様な中身に訂正が多くかなり杜撰な政治資金収支報告書ですし、政治団体の名称もグローバルネットワーク研究会と言うバリバリの新自由主義者である事が伺われます。

20160513-3 .jpg[カメラ]マスコミで問題を指摘されたのが、赤い矢印の部分が木更津の龍宮城ホテル三日月での会議費の支出部分ですが実際は家族旅行だったらしく、それを裏付けるかの様に会議の参加者が全く明らかにされて居ません。

この木更津の龍宮城ホテル三日月は私も一度行った事がありますがお値段の割にサービスが悪く最悪な印象がある上に、料金の支払いでカウンターに行くとバス会社や旅行会社にバックマージンを渡して居るのを私は見てしまいました。

これ以来一度も行って居ませんが、バックマージンで顧客を呼ぼうと言う根性が理解出来ませんし、サービス業と言う本質をわきまえて居ないと感じます。

桝添要一東京都知事の出した領収書の他に裏でバックマージンがあり何者かがこれを受取った可能性を疑ってしまいます。

海外視察の随行員が多いと言うのも旅行会社と結託したバックマージンがキックバックされた可能性を疑うのは私だけでしょうか。

少なくとも政治資金収支報告書を見る限り桝添要一東京都知事の品格を疑いますし、グローバルネットワーク研究会と言う名称も私利私欲が優先された儲け主義者で貧富の格差を拡大させてしまいそうな気がします。


nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

住民無視の東京都有地の状況!都有地が知らない間に建設残土置き場に! [東京都都議会]

20141014-1.jpg[カメラ]写真は東墨田運動場前の都有地ですが、先日12日に近隣の工場の経営者の方から大量の建設残土と思われる土砂が積み上げられその高さは4~5メーターになって居ました。

写真は土砂が撤去された後のものですが、建設用パネルに土砂の跡が付いて居る部分は、5日の時点で土砂の重みに耐え切れず目隠しに使われていた建設工事現場用のパネルは付近の建物等に向かい傾いて倒れかかって居る状態でした。

その翌日の6日には台風18号が都心部を直撃し局地的に1時間に80~100ミリの猛烈な雨も見込まれる状況でしたので土地の所有者が東京都である事が分かりました。

即時改修しないと大雨で大量の建設残土の山が崩れ付近の建物を壊す恐れがありましたので即時改修する様東京都に求めました。

また、近隣の方も何の管理者の表示も無いので危険を感じて連絡を取ろうにも連絡先が分からないとの事で私の所にご相談がございました。

これを切っ掛けに東京都の杜撰な公有地管理の実態が分かって参りました。

東京都民の財産である当該土地は、東京都財務局の管轄でそこから財産管理部へ、更に財産活用促進部へ、そこから東京都水道局第二支所へ貸し出され、更に、葛飾区内の中村建設工業へ貸し出され居る事が分かりました。

都民である住民不在で次々にたらい回しで貸し出され、一体誰が責任を持って管理して居るのか分かり難い上に、この様な使われ方について近隣の住民や企業に事前に説明や承諾を得る事無く行われる事に一体どう言うつもりなのでしょうか。

20141014-2.jpg[カメラ]この土地へ建設残土と思われる土砂が積み上げられた問題点を指摘致しますと、土砂が雨で流出し付近の道路を汚し雨水排水用の配管を詰まらせてしまう恐れがある事。

水道が無い為に現場に出入りする車両のタイヤに付着した泥を落とせる様な作業が困難で、タイヤに付着した泥が道路を汚してしまいます。

また、外から持ち込まれた建設残土と思われる土砂に土壌汚染物質が含まれている恐れもあり、検査体制も確立されていません。

更に、建設残土と思われる土砂を持ち込む為の産業廃棄物処理又は一時保管施設の許可や届け出が出されて居るのかと言う問題があります。

東京都は現在東京都議会が自民党が過半数を占めオール与党化が著しく行政のチェック機能が働き難い状況ですからこうした役人の住民や納税者を無視した横柄なやり方が目立ちます。

やはり住民の声を反映させる為には議会のオール与党化はさせない事とイエスマン議員ばかりの最大会派の自民党の数を減らさないとお役人の都合の良い様にされてしまい、住民の声を反映させる事は出来ません。

この事により多くの皆さんが気づいて下されば幸甚です。

本当に役に立つ議員なら1人でこの様に速やかに状況を改善させる事は出来ますが、烏合の衆がいくら群れても何も出来ない何もしないのでは困るのはこうした場面に遭遇した時に分かっても遅いのではないでしょうか。


nice!(17) 
共通テーマ:ニュース

世界的に問題視される東京都議会の野次!野次の元凶は最大会派の少数会派いじめ! [東京都都議会]

20140624-1.jpg[カメラ]21日のジャパンタイムズの第一面に掲載された東京都議会のセクハラ野次はが日本の地方議会の質の低さを世界に暴露する切っ掛けになったのではないでしょうか。

紙面にも塩村議員と同じ会派の議員の証言ではLDP(Liberal Democratic Party of Japan)自由民主党の議席から下品な野次が飛ばされたと書かれて居ます。

私も以前東京都議会を傍聴しに行った事がありますが、特に少数会派の議員が発言をすると自由民主党の議員と公明党の議員からの野次がひどく発言の内容すら聞き取れない状態でした。

驚いた事に野次を飛ばす多くの議員が年配の経験を積んだ議員が殆どで、発言を聞かずに発言を妨害する形で行われて居ました。

墨田区議会でも同様で今年の第1回定例会で私が発言している最中野次が多いので発言を中断して、議長に対して議会則100条に違反した議会の規律を乱す行為なので注意するよう求めました。

これにより議長が静粛にとご注意されましたが、自民党の瀧澤良仁議員は注意を受けてもやめませんでした。

私は後日行われた議会改革検討委員会で、先の議会で議会則100条に違反して議会の規律を乱した方が議会改革検討委員会の座長をされる事はふさわしくないのではないかと発言致しました。

反省の言葉や謝罪があるのかと思いましたら、いきなり「てめー、この野郎」と議会改革検討委員会の座長が怒鳴り声を上げ恫喝する様な態度を取りました。

この時私は自民党の議員さんに「先輩議員を立てるお気持ちはわかりますが、座長が適任者かどうか考えるべきではなか」と申し上げました。

その場は、山本議員が「この場で話す事では無いと」言われその場は収まりましたが、その後の予算特別委員会終了後廊下で瀧澤議員とすれ違うと瀧澤議員が「月夜の晩とは限らないぞ」と言われました。

この言葉は脅迫に当たるのでその足で本所警察署に脅迫事件として届け出、警察は本人を出頭させ聴取する事になりました。

追記:瀧澤議員の主張では出頭して居ないと言うので、本所警察署刑事課強行犯捜査第2課へ問合せると平成26年2月28日電話で出頭要請したが都合が悪いとか体調が悪いとかで出頭しない為に電話で聴取したそうです。

確かに出頭はして居ない事は事実ですし、本人が反省して居ない様ですからうやむやにされない様に再度警察側と調整する必要がありそうです。

やはり地方議会の質の低下は深刻で、地方議会のオール与党化の背景にはこうした数の圧力による少数会派いじめがあございます。

自分達の支配出来ない議員や会派に対しては激しい野次を飛ばしたり嫌がらせをする卑劣さを有権者は知っていただければ幸甚です。


nice!(32) 
共通テーマ:ニュース

東京都政の混乱を招き猪瀬都知事退任は政治の腐敗を世界に発信してしまった! [東京都都議会]

20131225-1.jpg[カメラ]平成24年12月16日の東京都知事選挙では猪瀬氏に投票した人が墨田区内で88,931票で東京都全体では4,338,936票の方々が投票し当選していたのに、選挙の前に徳洲会グループからの資金提供を受けて居たなど許し難い有権者に対する裏切り行為です。

報道では、2012年の都知事選前の2012年11月に、徳田虎雄医療法人徳洲会グループ創設者に「都知事選に出ます」と挨拶し、徳田毅衆院議員を通じて「余ったら返すのでまずは1億円をお願いしたい」と電話していたそうです。

分かり易く言えば1億円の選挙資金提供を要求している訳ですから、選挙を利用した金集めではないでしょうか。

そもそも選挙にそんなに金がかかるのでしょうか、選挙制度そのものが選挙でお金がかからない様にされているのが原則で、これは金持ちしか選挙に出られない事を防止する目的からです。

徳洲会グループ徳田虎雄会長は猪瀬側の要求1億円に対して「5000万円で対応しろ」と徳田毅議員に指示し「足がつかないよう議員会館で渡せ」と言ったそうですから呆れたものです。

徳田毅議員は議員会館の事務所で猪瀬に直接現金で5000万円を手渡したとされています。

都議会では、猪瀬知事は5000万円について「借入金」と説明し、「徳洲会側から申し出があり、厚意を断るのは失礼だと考えて借りた。5000万円という額になった理由は分からない」と言う上記と矛盾する答弁をしています。

しかしながら5000万円もの大金を親切で貸して下さる奇特な方が居たらそもそも金融機関など不要です。

報道の調査では、猪瀬直樹都副知事が徳洲会グループが開設した老人保健施設に都が約7億5千万円の補助金を支出、沖縄徳洲会が西東京市に設立を申請し150床を認可、この施設の場合、都は最大で9億6千万円の工事費を補助としています。

総徳洲会側はこれだけでも総額17億1千万円の東京都からの補助金を受けて居る訳ですから猪瀬がこれに対するキックバックを求めたという指摘には信憑性がある様に思われます。

また、これについて政治資金報告書に記載していなかった事は当然選挙資金収支報告書記載義務違反になりますが、そもそも受取れる選挙資金の上限を超えて居ますし、選挙にそれ程金を使っていない事を考えますと賄賂ではないでしょうか。

東京都は、経済規模では韓国等の国家をしのぐ経済規模がありますので、また、利権の大きさも大きいだけに腐敗が始まればそれに群がるうじ虫が寄って集る訳ですから、それに相応しい仁徳を持つ人が知事にならなければなりません。

来年2月に都知事選挙がある様ですがその費用だけで100億円もかかるそうですが、猪瀬の私欲の5,000万円のために都民の税金100億円が無駄になる事を彼はどう考えるのでしょうか。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.144~0.138マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(33) 
共通テーマ:ニュース

昨日の大雪の影響が残った関東の大渋滞の原因をさぐる!渋滞の経済的損失を防げ! [東京都都議会]

20130115-1.jpg[カメラ]14日に大雪が降り今日は大変良いお天気に係らず外出先から戻るとご覧の様な大渋滞で幹線道路は勿論隣接する路地まで大渋滞で殆ど車が進めない状態でした。

水戸街道を中心に関連する地域の情報を調べて見ると果てしなく先まで渋滞が続いて居る事が分かって来ました。

運送会社の社長さんに各地を走って居る運転手さんからの報告で、関東地方だけで無く他の地域も大渋滞である事が分かりました。

その経済的な損失も計り知れないものがあり、運送屋さんは納品時間までに荷物を届けられませんし、タクシーは折角乗客を乗せて居ても時間距離併用運賃の為、料金が高くなるのでお客さんが途中で降りてしまう光景が見られました。

また、バス停ではバスを待つ人達が長い行列を作りいつ来るか解らないバスを待ち続けて居ました。

やはり、渋滞による経済的な損失も無視できませんのでその原因を調査して見ますと、一つの傾向が見えて来ました。

最大の原因は高速道路の通行止めで、これにより本来は高速道路を利用する筈の車が幹線道路に溢れたと言うのが真相の様です。

この為普段は余り見られない大型の長距離トラックが国道に列を作る光景が出現しました。

その後、首都高の通行止めが解除されると次第に車の数が減り始め夕方頃には普段と変わらない状態に近づきました。

東北自動車道の栃木県内では、一部の区間がまだ通行止めが残って居る様でこの付近は大渋滞が続いて居るとの報告で、渋滞と高速道路が密接に関係している事がわかりました。

高速道路を通行止めにしないで済む方法の必要性を感じますが、事故が起きてしまえばこれもまた大変な問題ですし、これが原因でまた通行止めなり兼ねません。

また、北関東では路面に積もった雪で勾配を登れなくなった車が多発して居たそうで、普段からの雪に対する対策をドライバー各自が備える必要性を感じざるを得ません。

求められるのは、雪に強い高速道路の創造と雪でも安全に走れるノーマルタイヤか簡単に取り付けられるタイヤチェーンを作り出す事が出来ればこうした問題は解決されるかも知れません。

又は、環境にやさしく低コストで素早く雪を溶かしてしまう薬剤の開発が出来れば爆発的に売れるでしょう。

こう考えれば、ビジネスチャンスがここにも見出せますし、歴史的に見てもこれまで不可能だと思われて居た事が解決されて参りましたので、思いがけない方法で見つかるかも知れません。

こんな技術が開発されれば、これが与える社会への経済的恩恵は莫大なものになりますのでノーベル賞候補の発明になるかも知れません。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.155~0.139マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(43) 
共通テーマ:ニュース

両国シティーコアに見る東京都の土地信託事業の失敗で30億円の負債!誰が負担するのか [東京都都議会]

20120225-1.jpg[カメラ]東京都は両国シティーコアをはじめ合計5つの土地信託事業を行っていますが、バブル期に行われた土地信託事業は地主が土地を信託銀行等の受託者に預け、受託者は貸しビル等を立て地主が配当を受け取る仕組みです。

しかしながらこれには大きなリスクが伴い、信託期間満了時に土地の価格や家賃が下落した場合負債が残るリスクがあります。

両国シティーコアは、日大講堂跡地にバブル全盛期の1992年完成した商業や都民住宅等が入る複合ビルです。

東京都は、信託銀行3行と1993年から2012年の20年間にわたり、地代の代わりに83億円の信託配当を受け取ると言う甘い計画で土地信託を行いました。

しかし、昨年度までの19年間の配当実績は僅か6億円余りと計画と著しくかけ離れた結果になりました。

この背景には、バブルの崩壊で資産デフレが発生し土地の値段が下落したり、家賃収入が予想に反して伸びなかった事が大きく影響しています。

当時の東京都の財務局はバブルの崩壊を想定しておらず、土地価格が右肩上がりに上昇するとの甘い見通しで事業を行った様ですが、満期と共に土地と建物の他に借金も返還される恐さを満期になってやっと気付いた様です。

この方法は一種のデリバティブ金融派生商品)で、銀行はリスクを回避しながら地主土地を信託契約で一定期間預かり複合ビルを建設しその収益から配当を行います。

信託銀行はこれで信託収入と利息収入で推定59億円を稼ぎ出しましたが、東京都は、6億円の配当を貰いましたが、約30億1,500万円の借金が残る結果になりました。

収益が上がらなければ配当は減りますし、信託期間が満了した段階で負債や土地建物の清算を行う仕組みです。

一見、信託とか配当と言うと安全な様に見えますが、金融商品の多くが全て予想配当ですから、信託財産が保証されるものではありません。

バブル時には過去のデーターを基に試算しますから、恐らく高い配当が出るとされて居たと思われます。

銀行は、信託期間は安定した信託報酬が受け取れる代わりに、信託財産が値上がりした場合は信託の者の儲けとなり、逆に値下がりした場合は信託者が損を負担する事になります。

つまり、銀行はどっちに転んでも儲かる仕組みで、土地を信託した人は儲けも大きいかも知れませんが損をする可能性も高いし金融商品を買わされた訳です。

そもそもデリバティブを理解しない行政の役人が、この様なものに手を出す事が間違いで、使われるのが我々都民の財産と税金を使って、上がるか下がるかで博打をしている様なものです。

今年の3月末の事業報告では、借入残高が約40億3,600万円で満期までの返済予定額は約10億2千万円ですから、結果的に約30億1,500万円の借金が残り、その返済を迫られた訳です。

東京都は信託契約を5年延長し、その間の収益で信託銀行に17億円支払い、最終的に都が13億円を支払って債務を完済するそうですが、行政の失敗を我々の税金で支払う結果になります。

民間活力導入と言う大義名分で行われた東京都の事業ですが、行政の役人が土地を信託して稼ごうとして失敗し、損失は我々の税金でと言う結果なら、役人に余計な事業はさせないのが一番ではないでしょうか。

[ひらめき]墨田オンブズマンの空間放射線量計の値、0.155~0.143マイクロシーベルト(午後11時~午前0時)


nice!(11) 
共通テーマ:ニュース

問われる政治家の質!法律に無知は許されない法律や条令を決めるハズの議員が違法行為 [東京都都議会]

100203-1.jpg[カメラ]墨田区内に違法な看板があるとの住民からの情報で現場に行って見ると、あり得ない看板に驚かされました。

桜井浩之議員と言えば、親子二代に亘り都議会議員で本人も区議会議員から政治家なので公選法程度の事はご存知だと思われます。

となると、違法を承知でやっているケースも実は多いのです。

選挙カーの燃料代やレンタカー代もそうで、誰もが自然に考えても選挙カー以外のガソリン代が公費で支払われたら問題だと感じるのは当然で、それを知らなかったとか運動員がやったと責任逃れをしていました。

公職選挙法では、「立札及び看板の類は、縦150センチメートル横40センチメートルを超えないもの」で「選挙管理員会の定める表示をしたもの」と第143条で定められています。

つまり、写真の看板の場合はこの双方に違反しているのです。

民主主義の基本を成すはずの選挙がルール違反だらけでは、本来の民主主義政治が行われているとは言いがたいのです。

私が選挙カーの燃料代の問題を見つけた切っ掛けは、選挙が終わりすぐに墨田区の選挙管理委員会に公費の請求をしましたが、実際に支払われたのは3ヵ月後で私よりも遅く提出した候補者が1ヶ月程度で支払われており、これは何かあると徹底的に調べた結果です。

役人にとって都合の良い候補者は早く支払い、私の様に行政問題を追及している候補者は当選されると困るのか、支払いを遅らせるなど嫌がらせや組織の衰退を狙う行為をしていると言わざる得ません。

結果的に、私が起こした選挙カーの燃料代問題で、墨田区の選挙管理委員会の菅沼享子局長は免職されましたが、本当に公平な選挙が行なわれているか疑問が残ります。

例えば、政党助成金等は大政党程多く貰え、選挙の時も政党から選挙資金の交付を受けたり、利権の恩恵を受けた業界団体から組織的支援を受けているのが現実です。

最近のニュースでも、民主党の小林千代美衆議院(北海道5区)が、北海道教職員組合から1600万円の違法な献金を受け支援を受けている事からもわかります。

民主政治と言われながら、真面目な政治家が世に出られない、これは本当に恐ろしい事ではないでしょうか。

選挙カーの燃料代詐欺事件問題を知ってください。


nice!(4) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 東京都都議会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。