So-net無料ブログ作成

SONY(ソニー)製パソコンの光学ドライブの不良が連続発生!その真相が知りたい 第1話 [各種問題]

080715.jpg[カメラ]故障が多発したソニー製パソコンの光学ドライブ

先週我が家のソニー製「VAIO」パソコンが同じ日に2台が相次いで故障した。

同じ日に2台とは、統計学的や確率では天文学的な確率になるはずで、滅多に発生する筈が無いと思われます。

しかも、驚いた事に故障箇所が全く同じ光学ドライブ部分でした。

我が家でこうした事態が発生する位ならよそでも同じような故障が多発している可能性があります。

私自身ソニー製品が好きなのと、故障しにくいと絶大な信頼を持っておりますが、こうした故障に対する対応の悪さには驚きました。

私の所で同じ日に2台のパソコンの光学ドライブが故障したので、詳しく原因を調べ何が原因だったのかを知らせて欲しいとお願いした。

だが、担当部署は(ソニーカスタマーセンターの担当者)は原因がわからない、原因の調査結果は知らせられないの一点張りで話にならない。

私の所には6台のパソコンがあり、うち2台がデスクトップ型後の4台がノート型パソコンで、いづれもソニー社製で映像の製作に使用する物などは特注品でソニーに作ってもらっている状況なのでこんな回答に幻滅しました。

問題はこれからで、メーカー側が製品の欠陥を隠して消費者に損害を与えている可能性があります。

理由や原因を開示出来ないとなるとその可能性が疑われます。

[むかっ(怒り)]メーカー側の一方的なこうした態度に消費者も対抗手段を持つべきだと思います。

同様の故障で苦しめられた方がいらっしゃいましたら互いに連絡を取りながら実態を調べて、メーカーに反省と再発防止に努力するよう要望しようではありませんか。

また、この光学ドライブの修理代は、部品代3万8千円、技術料1万3千円の合計5万1千円になります。

仮に製品に問題があったとすると、高額な修理代を消費者だけに押し付けるのは大変問題がありますし、パソコン本体は日本製と書かれていますが、この光学ドライブは中国製でした。

ソニーさんは、かつてとは違い生産拠点を海外に移しており、もはや日本の製品では無いのかも知れませんが、創業時の理念だけは失って欲しくないと願うのは私だけでしょうか。

問題を隠すのでは無く公表して、問題を改善してこそ技術が向上し優秀な製品が作れ、その信頼が企業の利益になるのではないでしようか。

最近食品の偽装が表に出て問題になるが、消費者の無知をよい事に悪質な食品偽装が行われていた事を忘れてはなりません。

コンピュータ等の精密な機械は、消費者には故障の本当の原因はわからないので、メーカー側の情報公開が大変重要です。

思い出して下さい、ガス機器メーカーパロマがガス湯沸かし器の欠陥を告知せず隠蔽した為に尊い命が多数失われた事を忘れてはなりません。


nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。